logo

RSAセキュリティと日立ソフト、情報漏えい防止分野の販売/開発で協業

ニューズフロント2004年11月25日 15時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティと日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト)は11月25日、情報漏えい防止ソリューション分野において製品、ソリューション、サービスを共同拡販/開発すると発表した。

 両社は、RSAセキュリティのワンタイムパスワード製品RSA SecurID for Microsoft Windowsや、日立ソフトのPC向け暗号化製品「秘文Advanced Edition Information Cypher(AE IC)」などを連携させ、ノートPCの紛失/盗難による情報漏えい対策や、社内セキュリティ強化を実現するソリューション、サービスを提供していく。

 まず、RSA SecurID for Microsoft Windowsと秘文AE ICによる連携ソリューションであるRSA SecurID for秘文のパッケージ販売を、2004年12月1日〜2005年3月31日の期間限定で行う。標準価格245万8280円の組み合わせだが、協業記念として、税込み価格105万円(25ライセンス、導入作業費、1年目保守費込み)で提供する。

RSAセキュリティのプレスリリース
日立ソフトウェアエンジニアリング

-PR-企画特集