マイクロソフト、IMサーバLive Communications Server 2005を1月発売

ニューズフロント2004年11月16日 15時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは11月16日、企業向けインスタントメッセージング(IM)/プレゼンスサーバであるMicrosoft Office Live Communications Server 2005日本語版の販売を2005年1月に開始すると発表した。ボリュームライセンスは1月2日に、パッケージ製品は1月21日に提供を始める。Standard Editionと、より大規模な環境での利用を想定したEnterprise Editionの2種類を用意する。

 Live Communications Server 2005は、Session Initiation Protocol(SIP)とSIP for Instant Messaging and Presence Leveraging Extensions(SIMPLE)対応のサーバ製品。ファイアウォール越えのIM利用やプレゼンス情報交換が可能な環境を構築できる。MSN、AOL、Yahoo!のIMネットワークのユーザーとも通信可能。

 対応可能なユーザー数は、Standard Editionがサーバ1台当たり最大1万5000人で、旧版に比べ約30〜45%多いという。Enterprise Editionは組織の規模拡大に合わせて複数のサーバを連動させることで、最大数十万人のユーザーを処理できる。

 さらに、Enterprise Editionは、Microsoft SQL Serverをベースとする階層型アーキテクチャを採用し、「信頼性、可用性、スケーラビリティが格段に向上した」(同社)

 推定小売価格は以下の通り。

 【Standard Edition】

  • パッケージ(5CAL付き):21万9000円
  • Open Business:15万2000円
  • Select(Level A):9万6300円
  • Academic Open:6万2100円

 【Enterprise Edition】

  • パッケージ(25CAL付き):91万3000円
  • Open Business:61万円
  • Select(Level A):38万6100円
  • Academic Open:24万9000円

マイクロソフトのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加