IBM、Power5チップ搭載のスパコンサーバ「p5-575」を発表

Stephen Shankland (CNET News.com)2004年11月10日 11時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間9日、技術計算用の高性能コンピュータを求める顧客向けに開発したPower5チップ搭載の新システム、p5-575を発表した。

 同サーバはペンシルバニア州ピッツバーグで開催中のスーパーコンピューティング関連イベント「SC2004」で展示されており、IBMがPower4チップをベースにして2002年に投入したp655の後継機となる。

 既報の通り、p5-575の出荷は2005年第1四半期になる予定。また、IBMのHigh Performance Switch経由でクラスタ接続されるバージョンの出荷は、2005年第2四半期に予定されている。

 IBMはHewlett-Packard(HP)から高性能コンピューティング分野で首位の座を奪うべく多数の製品を投入する計画だが、今回発表になった新システムはその1つに過ぎない。この取り組みの一環として、IBMはeServer Blue Geneマシンを8日に発売するとともに、IntelのXeonやAdvanced Micro Devices(AMD)のOpteronプロセッサをベースにしたLinuxマシンクラスタも投入している。

 1台のp5-575サーバは、高さ3.5インチ(約8.9センチ)、幅24インチ(約61センチ)のシャーシ内に、1.9GHzのシングルコアPower5プロセッサを8基搭載している。また、同マシンでは出力分配システムが通常の配線ではなく回路内に組み込まれている。

 同システムは、IBM版Unixの「AIX」以外に、Red HatやNovellのLinux OSでも動作する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加