日本ベリサイン、シトリックス製品専用の電子証明書発行サービスを開始

ニューズフロント2004年09月14日 14時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサインとシトリックス・システムズ・ジャパンは、企業ネットワーク向けユーザー認証サービスの提供で提携した。両社が9月14日に明らかにしたもの。これにより、両社はアクセスインフラ構築ソフトウェア製品群Citrix MetaFrame Access Suiteのユーザーに対し、同製品専用の電子証明書を同日より提供していく。

 Citrix MetaFrame Access Suiteは、アプリケーションやデータなどのITリソースをサーバ側で管理/実行するための基盤となる製品。さまざまな手段によるリソースアクセスを、安全かつオンデマンドに処理できるという。

 今回の提携により、日本ベリサインはCitrix MetaFrame Access Suiteのユーザー認証利用に特化した電子証明書を発行する。この電子証明書を使うと、ユーザー企業は認証局を構築することなく、「IDとパスワードの組み合わせよりも強固なPKIベースの認証機能を安価かつ簡単に利用できる」(両社)。

シトリックス・システムズ・ジャパンのプレスリリース
日本ベリサイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加