logo

グーグル、株式の公開価格を決定--1株あたり85ドルに - (page 2)

Dawn Kawamoto, Stefanie Olsen(CNET News.com)2004年08月19日 12時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   今年、IPOを果たした企業の初日の株価上昇率は平均約10%だが、ハイテク企業の場合は平均が14%である。だが、同社の株価については、多くのウォールストリート観測筋が、上場後は値を下げるだろうと予想する。

 つまり、同社の株式取引で最も得するのは、IPOの後ではなく、IPOの時に株式を売却した人だということになる。さらに通常と違って、今回のIPOでは、調達した資金のうち5分の1以上が、共同創業者2人と最高経営責任者(CEO)を含むインサイダーの手に渡る仕組みになっている。

 Googleのインサイダーやベンチャーキャピタリストは当初、2倍の数の株式を売却する計画だった。しかし、18日に同社が株価の予想価格帯を設定し直したことを受けて、株式売却を見送ることにした人が出た。

 CEOのEric Schmidtと、共同創業者のSergey BrinとLarry Pageは、自らの持ち分から売り出す株式を半減させた。ベンチャーキャピタルのKleiner Perkins Caufield&ByersとSequoia Capitalは当初、IPOでそれぞれ200万株以上を売却する予定だったが、最終的に売却を完全に見送ることにしている。

 上場後に株価が落ちると予想されているにもかかわらず、IPO専門家の中には、同社の株価が高騰すれば、ハイテク株が驚くほど値上がる可能性があると期待する者もいる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]