フォトレポート:エプソン、小型飛行ロボット「μFR-II」を公開

永井美智子(CNET Japan編集部)2004年08月19日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソンは8月18日、自律飛行が可能な小型飛行ロボット「μFR-II」の飛行実験を報道陣に公開した。飛行ロボットとしては「世界最軽量」(同社)というこのロボットは、電池も含めた重さが12.3g。8月27日から東京国際フォーラムで開催される「未来創造フェスタ〜先端技術フェア〜」で一般に公開される。

μFR-IIの離陸シーン
52K
331K
Windows Media Player
μFR-IIの着陸シーン
52K
331K
Windows Media Player

μFR-IIが動く様子(動画):制御サーバを通じて手動で操作する。自律飛行もできるとのことだが、実験当日はPCの故障もありうまくいかなかった

μFR-II:飛行可能時間は約3分。CMOSカメラを搭載し、撮影した画像をモニターに転送することも可能だ

重さは本体のみで8.6g、電池を含めると12.3g。大きさは直径13.6cm、高さ8.5cm。手のひらに載るほどで、人の顔よりも小さい

飛行経路シナリオのPC画面:3Dで飛行経路などを設定できる。実際の飛行経路を確認することも可能という

回路部品:CMOSカメラ、ジャイロセンサ、CPUなどを搭載。全体の部品点数は563個にのぼるという

μFR-IIの近未来イメージ図(1):目的地付近まで母船に乗って移動する。母船についたカメラでμFR-IIの位置を把握し、無線を介して制御する

μFR-IIの近未来イメージ図(2):人間が行けないような場所に送り込み、複数で作業することで効率化を図る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加