logo

日本オラクル、サポートのCS向上のためパートナー支援体制を強化

ニューズフロント2004年07月07日 16時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは7月7日、サポートサービスのパートナー協業体制を強化し、パートナーの対応力強化を目的とする「サポート・パートナー・プログラム」の提供を始めると発表した。同プログラムを通じ、同社は「サポートサービスへの顧客満足度(CS)向上を目指す」としている。

 同プログラムでは、最新製品の技術セミナーをパートナーにEラーニングで提供する。サポートエンジニア認定制度Oracle Certified Support Engineers(OCSE)の認定取得に向けた技術研修を実施するほか、研修のためにパートナーのエンジニアをサポートエンジニアとして半年間受け入れる支援策も用意する。

 また、日本オラクルと直接サポート契約を結んでいる顧客専用だったウェブサイト(Oracle internet Support Center:OiSC)を、今後はパートナーと契約している顧客にも公開し、最新技術情報やサポート情報などを提供していく。

 なお、同社のサポートサービスパートナ企業の数は、現在100社にのぼるという。

日本オラクル

-PR-企画特集