logo

沖電気、メールによるウェブ更新通知サービスをASAHIネットユーザーに提供

ニューズフロント2004年07月07日 15時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖電気は7月7日、ユーザーの指定したキーワードを使ってウェブページの更新情報を収集し、結果を電子メールで配信するサービスMail-based Personalized Information Accessing Service(MAILPIA)を発表した。同サービスは、同日より朝日ネットの展開するISPサービス「ASAHIネット」のユーザーに提供する。

 MAILPIAは、ユーザーの指定したウェブページにアクセスし、特定のキーワードに関する内容が更新されているかどうかを調べる。更新が行われていたら、その情報からRSSデータを生成して電子メールに添付し、ユーザーに配信する。

 沖電気は、朝日ネットに対してMAILPIAをASPサービスとして提供する。なお、更新情報の検索には、沖電気が開発した情報抽出技術を利用している。

 今後、沖電気はインターネットサービスプロバイダ、アプリケーションサービスプロバイダ、コンテンツプロバイダなどに同サービスを展開していく。2004年度にプロバイダ10社への導入と、売上高1億円を目指す。

沖電気

-PR-企画特集