アップル、iTunes1億曲ダウンロード記念キャンペーンを展開

CNET News.com Staff2004年07月02日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerは米国時間1日、iTunes Music Storeでのダウンロード楽曲数が が1億曲に近づく中、これを記念して楽曲などの景品を提供する計画を発表した。

 Appleは、9500万曲目から1億曲目までの楽曲をダウンロードしたユーザーのうち、10万曲毎の区切りとなった人にiPod(20Gバイトモデル)を1台ずつ、合計50台プレゼントする。オンラインミュージックストアでは今週にも9500万曲目の曲がダウンロードされる見込み。

 1億曲目の楽曲をダウンロードした人には、17インチのPowerBook、40GバイトモデルのiPod、iTunesの1万曲分の商品券がプレゼントされる。

 約14カ月前に立ち上がった同サービスでは、1年間で7000万曲のダウンロードを記録した。膨大な収益を上げているわけではないが、iTunesのおかげでAppleは、競争の激しいダウンロード音楽業界で良い位置につけることができた。

 しかし、成功までの道のりは決して順調ではなかった。たとえば、AppleがPepsiと組んで実施した楽曲プレゼントキャンペーンは失敗に終わり、スタートから1年以内で1億曲ダウンロードを達成するという期待が打ち砕かれたこともあった。

 一方、Appleのシェア奪取を狙うソニーは6月30日遅く、自社の新しい音楽ダウンロードサービスと組み合わせてハードディスクを搭載したミュージックプレイヤー2機種を今秋発売することを発表した。

 

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加