logo

NEC、効率的に運用監視できるLANスイッチ/ルータ3モデルを発売

ニューズフロント2004年04月22日 15時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは、LANスイッチ/ルータ製品系列「QXシリーズ」にスイッチQX-S3050とルータQX-R2810および同2811の計3モデルを追加し、4月22日に販売を開始した。同社が同日明らかにしたもの。いずれも4月27日に出荷を始める。

 QXシリーズは、同社のネットワークリモート監視サービスActWatch、ネットワーク運用管理ソフトウェアWebSAM Netvisorと連携できる製品系列。「効率的なネットワーク運用監視が可能で、幅広い拡張性を備える」(同社)

 QX-S3050は、10/100BASE-TXポートを標準で48個備える高さ1Uサイズ(約44.5mm)のレイヤー2スイッチ。送信元/送信先IPアドレスといったレイヤー3識別子を利用した優先制御などのQoS機能があり、「IP電話やウェブ会議を利用するネットワーク構築に適している」(同社)という。希望小売価格は31万円から。

 一方のQX-R2810/2811は、最大2つの10/100BASE-TXポートと3つの拡張スロットを内蔵するアクセスルータ。本体の高さは1U。同期/非同期シリアルやPRI/BRIに対応可能。希望小売価格は、QX-R2810が12万6000円から、同2811が18万1000円から。

NEC

-PR-企画特集