日本ペイントが国内で初めてJava Enterprise System採用

ニューズフロント2004年04月05日 15時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは4月5日、日本ペイントが基幹システムでサンのサーバ向けソフトウェア群Java Enterprise System採用を決めたと発表した。「日本ペイントは、販売、物流、生産管理、人事、会計などの業務を処理する基幹システムをJava Enterprise Systemベースとすることで、総所有コスト(TCO)の半減を目指す」(サン)

 日本ペイントの計画によると、現在メインフレームで構築されている基幹システムを、2006年までにすべてSolarisオペレーティングシステムを中心とする環境に移行させる。新システムでは、Java Enterprise Systemに含まれるソフトウェアのうち、ディレクトリサーバ、アイデンティティサーバ、ポータルサーバ、メッセージングサーバ、ウェブサーバなどを使用する。ハードウェアは、フロントエンド処理用にブレードサーバのSun Fire B100s、アプリケーション処理用にSun Fire V480、同V440、同V240、データベース用にSun Fire V1280、同 V880を選択した。

 なお、従業員数に応じた年額払いのソフトウェア群Java Enterprise Systemの採用は、日本ペイントが国内初の事例という。

サン・マイクロシステムズのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加