logo

KDDI、付加情報付き地図をウェブ上で作製するための技術で特許

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは2月19日、電子地図・電子図面情報をインターネット上で利用可能にするための技術「Web Mapping」に関する国内特許「ハイパーレイヤリング特許」を取得したと発表した。

 この特許(特許番号: 特許第3503397号、発明の名称: 地図表示システム)は、1996年に当時のKDDが開発したハイパーレイヤーシステム「JaMaPS」に関わるもの。この技術は、道路・ビルといった位置情報や気象・交通のような生活情報など複数の位置情報を、インターネット上で重ね合わせて1枚の地図として表示する技術だ。なお、同技術は2000年8月に米国における特許 (特許番号6107961) として成立している。

 この技術を活用することで、インターネット上で無料で提供されている白地図情報を活用し、簡単に異なる位置情報や地図を重ね合わせたコンテンツが提供できる。KDDIでは、「白地図や他の位置情報コンテンツなどをあらかじめ編集・加工する必要がなくなり、情報配信に必要なコストや手間が省け、コンテンツが提供しやすくなる」としている。

 KDDIは、SVGを用いた位置情報サービスの標準化と普及に貢献するため、米国での本件特許取得後、SVGでの使用に限り、本特許のロイヤリティーを無料とした。同技術は、W3Cによって2003年1月14日にSVG1.1の仕様として標準化されている。

 将来的には、携帯電話における位置情報コンテンツのオープンな配信環境の実現を念頭に、携帯電話用SVGブラウザをはじめSVGによる各種WebMapping技術の実験を参加各社と共に進めていく。

KDDIのニュースリリース

-PR-企画特集