NEC、802.11a/b/g対応のEhternet接続型無線LANクライアントなどを発売

ニューズフロント2003年11月28日 16時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとNECアクセステクニカは11月28日、無線LAN製品Aterm WARPSTARシリーズの新製品として、IEEE802.11a/b/gという3つの規格に対応したモデルの販売を同日より始めると発表した。発売する製品は、無線LANクライアント「AtermWL54TE」と、同クライアントとアクセスポイント「AtermWR7600H」をセットにした「AtermWR7600Hワイヤレスセット(TE)」の2モデル。AtermWL54TEは、Ethernet経由でパソコンなどを無線LAN化する製品。「3規格に対応したEthernet接続タイプの家庭用無線LANクライアントは、同製品が国内初」(両社)

 AtermWL54TEはEtherenetポートを2つ備えているので、ハブなどを買い増さずに2台の機器を無線LAN化できる。縦置き、横置き、壁掛けの3通りの設置方法が可能なデザインを採用し、「利用環境に最適な方法で設置することが可能」(両社)という。

 無線LAN処理用LSIは、米Atheros Communications製を採用。IEEE801.11a/g通信時に実効スループット性能を向上させるAtherosの技術、Super A/Gを、2004年春に予定しているファームウェアのバージョンアップで導入するとしている。

 なお両モデルの価格はオープンとする。出荷開始は12月中旬の予定。

NEC
NECアクセステクニカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加