米マイクロソフト、サーバ用コラボレーションツールを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Microsoftは米国時間1日、Windows SharePoint Servicesをリリースした。これは同社の最新サーバソフトウェア向けの無料のアドオンで、顧客企業はこれを利用してオンライン上に協働する場を構築できるようになる。

 SharePoint Servicesは、Windows Server 2003と連動し、企業ユーザーがセキュアなウェブサイトに文書をアップロードできるようにする。よくある用途としては、社員が特定のプロジェクトに関連した文書やチェックリスト、その他のアイテムにアクセスできるようなサイトの構築が挙げられる。

 こうしたタスクはいまのところ、Microsoft Outlookサーバの「パブリックフォルダ」に文書を保存するというやり方で処理されていることが多いが、必要なものが簡単に見つからず苦労している社員も多い。

 コラボレーション用ソフトウェアは、コンテンツマネジメントツールの専業メーカーであるVignetteやDocumentum、さらにはビジネスアプリケーション全般を扱う米IBMのLotus部門などにビジネスにとって、近年重要度がますます高まってきている。

 Microsoftは今年、Windows SharePoint Servicesの機能を、同社のOffice Systemに統合するという計画を発表した。近々発表されるOffice 2003のアプリケーションには、SharePointサイトで文書を公開するための簡単なツールも付属する。

 SharePoint製品には、 SharePoint Portal Serverという企業ポータル構築用の、さらに複雑なツールもある。

 なお、Windows 2003 Serverユーザーは、MicrosoftウェブサイトからSharePoint Servicesをダウンロードできる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加