BBサービス企画、10月にポータルサイト開設、社名を「アンパサンド」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロードバンドサービス企画は9月26日、ブロードバンドサービスのポータルサイトを10月1日からオープンし、リッチコンテンツの配信など本格的にサービス提供を開始すると発表した。同時に、社名を「アンパサンド・ブロードバンド株式会社」に変更するとともに、ブランド名、およびポータルサイト名を「アンパサンド」と決定した。

 同社は、メガコンソーシアムの幹事会社であるKDDI(小野寺正社長)、NEC(金杉明信社長)、松下電器産業(中村邦夫社長)、日本テレコム(ウィリアム・モロー社長)によって設立。4社のポータルサイトである「DION」、「BIGLOBE」、「Panasonic hi-ho」、「ODN」の1000万人を超える会員、および4社ISPのポータル利用者を対象として、次の3事業を中心としたブロードバンドサービスを展開していく。

 主な事業は、

  1. 各ISPからの委託を受け、ユーザーにとって利便性の高い仕様およびデザインを開発し、4社のポータルサイトの共通化を図った「共通ポータル」を提供
  1. 「共通ポータル」を前提にした高い集客力を活用し、高品質なリッチコンテンツの提供、また、今後はPC、携帯、ネット家電などユーザーのあらゆる生活シーン・利用端末に対応できるシームレスなサービスを実現
  1. 共通ポータル上でのスポンサードコンテンツ提供への取組みを通じ、リッチコンテンツを活用した新たな広告・マーケティングサービスの提供を行う「メガマーケティング事業」

 同社では、「共通ポータル」を通じ、さまざまなコンテンツパートナーとの連携によるリッチコンテンツの創造と、企業にとっての広告・マーケティング機会の創出を図り、ユーザーに高品質なブロードバンドサービスを提供していく考え。

アンパサンド・ブロードバンド
「アンパサンド」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加