logo

トレンドマイクロ、「WORM_LOVGATE」の亜種多数発見、国内でも感染報告

WebBCN (コンピュータ・ニュース社)2003年05月14日 10時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロ(スティーブ・チャン社長 兼 CEO)は5月13日、ワーム「WORM_LOVGATE(ラブゲート)」について新亜種が多数発見され、日本を含めアジアを中心に被害報告が増えていることから、ウイルス警報「VAC-3」(VAC-1が最高)で警告した。危険度は「中」レベル。

 このワームは、メールに自身のコピーを添付して送信するマスメーリング型のワーム活動を行う。また、ネットワーク上の共有フォルダに対しても自身のコピーを頒布するネットワークワームの活動も行う。同社では、「同ワームの活動に関しては現在解析が進行中」としており、随時情報をアップデートしていく予定。

 発見された新亜種の感染状況は、「WORM_LOVGATE.I」が日本およびシンガポールで報告あり、「WORM_LOVGATE.J」が韓国を中心に流行中、「WORM_LOVGATE..K」が日本で報告あり。

 なお、トレンドマイクロでは、すでにパターンファイル534以降で対応している。

「新種ウイルス情報」
トレンドマイクロ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]