メニューからモバイルマーケティングを削除したマクドナルド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国でモバイルを利用したテキストメッセージを顧客に送るというマーケティング活動を行っていたMcDonaldは、数週間前に同サービスを中止した。欧州市場における予算削減が理由と関係者は語っている。

 デジタルマーケティングに積極的な同社は、引き続きワイヤレス電子メールをマーケティング活動に利用していく方針だが、今後はオプトアウトで一回限りのキャンペーンを展開するという。以前のキャンペーンでは、顧客がMcDonaldで購入した飲み物のカップに書かれている数字コードを送信し、その番号が当選番号かどうかを確認するという方法だった。

 McDonaldのような動きがある一方、アナリストらはテキストメッセージを利用したマーケティング活動は効果がないと決め付けるのは次期尚早と見ているようだ。ワイヤレスマーケティング分野全体は、同社のほかにもCoca-ColaやNikeなど多数の企業の関心を集めており、携帯端末に広告を配信したり、端末ケースにブランド名を載せるなどして展開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加