logo

SARS対策に追われるハイテク企業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 重症急性呼吸器症候群(SARS)に対する懸念から、アジアにおける事業計画を断念するハイテク企業が相次いでいる。Sun Microsystemsは4月7日に予定している大規模な製品発売に関して、上海で行事を取り止めにした。またチップメーカーのATIも同社幹部によるアジア各国訪問の予定を全てキャンセルした。世界保健機関(WHO)によるとSARSは肺炎に似た病気で、この病気による死亡者は31日現在で58人に上るという。これまで香港、中国、シンガポール、台湾で発症が報告されている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]