logo

2月のインターネット利用、ビールメーカーサイトが人気

ニューズフロント(CNET Japan特約)2003年03月25日 15時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットレイティングスは3月25日、2003年2月のインターネット利用動向に関する調査結果を発表した。それによると、ビール/飲料各社が新商品の発売に合わせ大型キャンペーンをウェブサイトで実施した影響で、大手4社のサイトへの訪問者数が増えたという。

 サッポロビールは、2月に約33万人の訪問者数を獲得してランクインした。残り3社の同月における訪問者数は、アサヒビールが約57万人(前月比193%)、サントリーが約82万人(同122%)、キリンビールが約64万人(同114%)だった。

 サントリーを除く3社では、サイト訪問者の7割前後がキャンペーン応募などの目的でサイトにアクセスした。

ネットレイティングス

-PR-企画特集