logo

米HPのQ1業績改善は会計ルールの変更が原因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)は第1四半期(2002年11月〜2003年1月)において個人ユーザー向けコンピュータ事業の営業利益が3300万ドルに改善したと発表し、Compaqとの合併効果を強調した。しかし、HPはこれまで同事業の収益計算に含まれていた研究開発費の一部の計上先を変更しており、今回の業績改善は会計方法の変更のせいであると指摘されている。新しいルールで計算すれば、同社は合併前でもパーソナルコンピュータ事業で今回の発表と同レベルの営業利益をあげていたとされる。

-PR-企画特集