logo

アジア版LinuxでMicrosoftに対抗するプログラマたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 100名以上のプログラマが協力して、アジア太平洋地域向けのLinuxの開発を進めている。IDCの調査によれば、アジア地域のまだ50%以上のサーバがWindowsベースのものだという。Linuxはそのうちの6%を占めるにすぎないが、高い成長率を示しており、Unixのそれの2倍以上だという。例えば中国では、Microsoftに対抗する形で、独自バージョンのLinuxであるRed Flag LinuxとオフィススイートのRed Officeをリリースしている。

-PR-企画特集