logo

著作権法が技術革新を阻害すると米国の専門家たちが指摘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月28日にUCバークレーで行われたデジタル著作権に関する法律と政策に関する会議で、スタンフォード大学のLarry Lessig教授をはじめとする専門家たちが「デジタルミレニアム著作権法」(DMCA)などに基づく今日のデジタル著作権保護のやり方は、行き過ぎで本来の目的を逸れており、技術革新や言論の自由を阻んでいる、との共通見解を示した。しかし解決策については意見がまとまらないようだ。

詳細記事(英文)

-PR-企画特集