本やDVD、お金などの貸し借りを記録するiPhoneアプリ「Lent & Borrowed」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Lent & Borrowed
価格: 無料(2015年03月13日時点)
おすすめ度:

3.0

  • 開発:Markus Samuelsson

 Lent & Borrowedは、本やDVD、お金などの貸し借りについて記録できるアプリだ。お金はともかく、たくさんの本やDVDを複数の人と貸し借りしていると、どれを誰に貸していたか、どれを誰に借りていたか忘れてしまうのはよくあることだ。貸した相手にも借りた相手にもイヤな思いをさせないように、きちんと管理しておきたい。

  • 貸している物のリスト。アイテムを追加するには、画面右上の「+」アイコンをタップする

 画面はシンプルだ。家の絵から矢印が外に向かっているのが貸した物、家の絵に矢印が向かっているのが借りた物だ。アイテム一覧は、人名、アイテム名、カテゴリ別に並べ替えることができる。画面右上の「+」をタップして、新しいアイテムを登録する。テキストで本のタイトルなどを入力するのが面倒であれば、写真に撮っておくのが簡単だ。写真をその場で撮影することも、ライブラリから選択することもできる。

 人名は、iPhoneの連絡先から選択可能だ。知人であれば、たいていの場合は連絡先に登録されているだろうから、入力の手間が省ける。連絡先に情報がなくても、直接入力できるので問題はない。カテゴリ欄(タグのアイコン)では、「DVD」「Books」などのカテゴリを選択する。6種類のカテゴリがあらかじめ用意されているが、カテゴリを編集することも、新しいカテゴリを追加することもできる。

 さらに、貸し借りの期限を設定することも可能だ。時間まで1分単位で指定できる。期限をすぎると、アイテム一覧で日付が赤に変わる。ノート欄には、アイテムに関する詳しい説明などを入れておくといいだろう。各アイテムについて、アイテム名を件名にしたメールまたはSMSを送信できるのは便利だ。人名を連絡先から選択している場合、メールアドレスも自動的に入力される。ただし、既存のメール本文は英語なので、書き直す必要があるだろう。

 貸し借りが終わったアイテムについては、チェックマークなどを入れたいところだが、そういう機能はないため、アイテム一覧で目的のアイテムをスワイプして、削除するしかないようだ。そのため、記録として残しておきたいようなやりとりでは、実用的ではないかもしれない。貸していること、借りていることを備忘録的に付けておく、といった使い方が適している。

  • 画面下部中央にあるアイコンをタップして、貸している物と借りている物のページを切り替える

  • リストは、人名、アイテム名、カテゴリ別に並べ替えられる

  • 人名はContacts(連絡席)から選択できるほか、直接テキストを入力できる

  • カテゴリ一覧。画面右上の「Edit」をタップすると、カテゴリを変更、追加、削除できる

  • 期限を設定可能。期限を超過すると、アイテム一覧で日次が赤で表示される

  • アイテムの登録画面。「Notes」欄を利用すれば、さらに詳細な情報を入力しておくこともできる

>>Lent & Borrowedのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加