お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NEO第2号のウェブマネー、買い気配で初値付かず

2007/12/06 17:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
UPDATE

 フェイスの子会社で電子マネーの発行と販売、電子決済サービスの提供を主事業とするウェブマネーは12月6日、新興市場「NEO」の第2号銘柄として上場した。予想通り人気が高く、終日買い気配を切り上げていき、結局初値が付かなかった。大引けは公開価格10万円に対して3倍の30万円の買い気配で終わった。

 なお、11月13日にジャスダック証券取引所NEOに第1号として上場したユビキタスも、人気で初日に初値は付いていない。

 ウェブマネーが発行するサーバ管理型電子マネー「WebMoney」は、オンラインゲームや音楽配信、映像配信などデジタルコンテンツの配信サービス、また食品や衣料品などの物販販売などECでの決済機能を持つ。

 サーバ管理型電子マネーとは、残高情報がインターネット等のネットワークに接続されたサーバ上で記録・保存される電子マネーであり、特定の媒体に依存せず専用機器も不要といった特徴を持つもの。

 同社では、WebMoneyを利用できるECの加盟店を増やし、また複数のECサイトで共通で利用できる機能を提供するなど利便性を高め、利用者数の拡大を図っている。証券コードは2167。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社