お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

三三、社員が受け取る名刺情報をデータベース化して共有する「Link Knowledge」開始

2007/09/21 20:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三三は9月21日、社員が受け取る名刺情報をデータベース化して共有する「Link Knowledge」の提供開始を発表した。

 Link Knowledgeは、社員が日々受け取る名刺情報を、社員情報と時間軸を加えて日次でデータ化することにより、名刺交換を可視化し、人脈の相互活用を促進するオペレーションサービス。名刺交換情報から社員のプロフィールを自動生成し、ナレッジ連携の基盤構築も可能としている。

 一般的に、名刺交換は社員が個別に行い、他の社員の人脈については知りえない状況にある。Link Knowledge導入により、名刺交換情報を可視化することができ、社員のプロフィールはもちろん、人脈資産や営業活動が見え、人脈を共有活用できるとしている。

名刺を取得したら、専用の機器にて名刺をスキャンし、インターネットを介してデータセンターに送信する。OCR(Optical Character Reader)処理ののち、オペレーター入力により、テキストデータ、イメージデータとして名刺データベース化される。社員はウェブブラウザ、または携帯ブラウザで名刺データベースにアクセスし、名刺の閲覧、検索、編集などにより、自分の仕事に活用する仕組みとなっている。

 なお、本ソリューションは、名刺交換の可視化、名刺の管理・共有、名刺に紐付くコミュニケーションを管理する「Link Manger」、人脈情報、人脈資産、コミュニケーション履歴等を、業種・規模等の会社属性と共に視覚化する「Link Visualizer」、人脈資産と自己名刺から自動的にプロフィールを生成し、社内SNSと連携する「My Link Knowledge」、個人情報を一元化しセキュアに管理する「Asset Controller」による構成となっている

 提供形態は、初期費用なしの月額課金モデルで、最小構成は10万円からとなる。三三では、本事業からビジネスSNSへの発展を目指し、3年間の売上として30億円を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社