お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

エルゴ・ブレインズ、“ロック”がテーマのUGC仮想都市サイト「WeROCK City」

2007/06/08 23:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エルゴ・ブレインズは6月8日、ドリームメール会員向けのコミュニティ・スペースとして、“ロック”をテーマとしたUGC仮想都市サイト「WeROCK City(ウィロックシティー)」を、6月9日にプレオープンすると発表した。

 UGC(User Generated Content)は、ユーザーが形成していくコンテンツのこと。今回オープンするWeROCK Cityは、ドリームメール会員の多数を占める30代から団塊世代までの年齢層を中核ターゲットとした“ロック”がテーマの仮想都市で、プロ・アマ、国籍などを問わず、共通の趣味やカルチャーを共有する仲間達が集い、楽しみ、生活するためのコミュニティーとなっている。

概観1

 エルゴ・ブレインズでは、ユーザーの主体的な参加により増大する情報や、著名アーティストらの参加によって集うインターネットユーザーを対象とした広告を集稿するほか、ユーザー同士の個人間取引による手数料収益などを見込んだ、事業構築を目指すとしている。

 仮想都市には、テレビ局や市庁舎、競技場、博物館などといった施設を設け、そこでユーザー同士が情報を交換し、自慢の楽器の披露やテクニックを競うなどの試みを通して、情報や体験を共有し、蓄積していく。また、日本語、英語の同時表記により、国内のみならず、海外からも広く70年代〜80年代の“ロック”ファンが集まり、街を形成する。

 2007年秋にはWeROCK City内の居住施設に入居者を募集する予定。また、旅行会社やショッピングモール、歴史的なロックアーティストが眠る墓地の建設も予定している。

 なお、WeROCK Cityの創立にあたり、その初代市長には、「RAINBOW」や「BLACK SABBATH」のヴォーカルとしても知られる、Ronnie James Dio氏を選任した。

概観2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社