お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

MSなど3社、Dynamics CRM 3.0ベースの取引先情報管理ソフトを発売

2007/04/06 18:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフト、ダンアンドブラッドストリートジャパン(D&Bジャパン)、ケイ・ピー・アイ・ファクトリー(KPIファクトリー)の3社は4月6日、顧客管理(CRM)ソフト「Microsoft Dynamics CRM 3.0」ベースの取引先情報管理ソリューションパッケージ製品「D&B Market Integrator powered by KPI Factory」の販売を開始した。

 同製品は、D&Bジャパンの提供する企業情報を、あらかじめDynamics CRMベースのアプリケーションに格納したソリューションパッケージ。取引先情報、顧客情報などをさまざま角度から閲覧できるという。

 全世界1億1000万事業所、日本企業260万事業所のデータを登録したD&Bの企業データベースにオンラインでアクセスできることから、ネット経由で企業情報、資本系列情報、財務情報などを取り込める。会計システムや受発注システムなど複数のシステムに散在している取引先情報を統合し、一貫して管理する機能も実現できる。

 同製品は、KPIファクトリーが開発し、D&Bジャパンが販売する。マイクロソフトは、基盤製品の提供、技術支援、セールスプロモーション支援を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社