お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フィードパス、ウェブベースの情報交換共有ツール「Zebra」を先行提供

2006/12/25 14:22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィードパスは12月25日、ウェブベースの情報交換・共有ツール「feedpath Zebra」(ベータ版)を、ガーラをはじめとする一般企業数社や複数のサービスプロバイダへの先行提供を始めたと発表した。

 Feedpath Zebraは、米Zimbraの「Zimbra Colloaboration Suite」を日本語化した製品。フィードパスが、SaaS(Software as a Service)モデルおよびライセンスモデルの国内販売を行う。

 ウェブ上でメール、スケジューラ、アドレス帳、Wiki、検索といった業務に必要な情報交換・共有機能を提供する。フィードパスによると、メール一画面ですべての業務を完結できるという。

 対応OSは、WindowsおよびMac OS Xとなる。全機能を備える「Zebra Black」と、スケジューラやWiki機能を省いた「Zebra White」を用意する。

 SaaS版の税別価格は、初期費用が10万円、1アカウント当たりの月額費用が1280円(Zebra White)または2480円(Zebra Black)。

スクリーンショット feedpath Zebraのメールのスクリーンショット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社