お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Googleより高い広告料を約束するMpireの「WidgetBucks」

2007/10/02 22:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブサイトまたはブログをお金にしたいと思っているなら、「Google AdSense」以外にも手段があることはご存知かもしれない。最近「PubMatic」を取り上げたが、これはGoogleより高い広告料を支払う競合ネットワークを探し出してくるものだ。そして今日までに、利用できそうな広告ウィジェットがまたひとつ登場した。ただしこれは特定のタイプのサイトを運営している場合に限られる。

WidgetBucks広告 「文具」がキーとなったWidgetBucksの広告。悪くない。

  MPireの新プログラム「WidgetBucks」は、商品に関するサイトやブログを対象に設計されている。カテゴリが販売対象のアイテムに関連している限り、電子機器、電化製品、文具など、何でもよい。WidgetBucksプログラムは各サイトが何に関するものであるかを調べ、関連製品の販売情報をウィジェットに取り込む。ユーザーがある製品の詳細を求めてクリックするたびに料金が支払われる。

 WidgetBucksで売り込まれている製品のデータはeBayShopping.comから取り込まれている。Shopping.comのデータベースにはAmazonを含む複数の小売業者からの販売情報が含まれる。

 MPireのコードはホームページのコンテンツを評価して、それに関連した製品を売り込もうとする。WidgetBucksの広告を運営するディレクトリ「Switchboard」で少しテストしてみたが、登場する広告には関連性があるとわかった。

 MPireの最高経営責任者(CEO)であるMat Hulett氏は、標準的なウェブ広告よりも支払額が大きいと述べている。製品に関するサイトを運営しているなら、間違いなく試してみる価値がある。

 以下はリアルタイムの組み込みウィジェットだ。製品の宣伝がどれほどサイトに関連性があるかを自分の目で判断することができる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社