お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

電子書籍ビジネスの真相

芳林堂も破産、書店閉店が止まらない日本--書店復活の米国との違いとは?

2016/02/26 15:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
書店閉店が止まらない 一方で米国で「復活」のなぜ

 こんにちは。先々週も触れましたが(「出版不況は終わった? 最新データを見てわかること」)中堅取次、太洋社の自主廃業方針の表明を受けて、書店の倒産・閉店が相次いでいます。

 帝国データバンクによると、2月26日には、東京の高田馬場などに書店を展開している有力書店、芳林堂書店が自己破産しました(帝国データバンク)。芳林堂書店は、筆者も学生時代よく通った書店で、後に述べるように、太洋社の自主廃業表明を受けて新刊の入荷が止まり、出版関係者の間では行方が危ぶまれていました。(2月26日17時57分追記:業界紙「新文化」によると、店舗は別の書店チェーンの「書泉」に譲渡し、営業は継続するとのことです。)

 2月11日には、茨城県つくば市の著名書店チェーン、有朋堂が全3店を閉鎖しました。


 Twitter上では、閉店を残念がる声が続々と上がっています。

 筆者の自宅から車で30分くらいなので、休日を利用してまわってみました。

書店閉店が止まらない 一方で米国で「復活」のなぜ

 こちらは本店(吾妻店)。自家用車がひっきりなしにやってきて、常連のお客さんと思しき方が、貼り紙をじっと眺めては去っていきます。

書店閉店が止まらない 一方で米国で「復活」のなぜ

 「他の支店も見てみよう」。そんな声が聞こえました。貼り紙をよくみると、「支店も閉店」と書いてあるのですが、「直接この目で見てみないと信じられない」のでしょうか? あるいは「信じたくない」のでしょうか……。

書店閉店が止まらない 一方で米国で「復活」のなぜ

 支店の方にも、次々と人がやってきて、貼り紙をじっと見つめたり、店内を覗きこんだりしています。

 なんとも物悲しい風景で、胸を衝かれる思いでした……。

 2月13日には、鹿児島市の「ひょうたん書店」さんが、同じ理由で店舗閉鎖を発表。


 こちらも、地元のファンが多かったようで、いまだに関連投稿が続いています。

 このほか、東京商工リサーチによりますと、愛知県豊橋市の「ブックランドあいむ」、熊本市の「ブツクス書泉店」など、太洋社廃業表明を受けた「連鎖閉店」と見られる例は、全国に広がっています(東京商工リサーチ)。

 東京西部から横浜市にかけて店舗を展開する有力書店・芳林堂書店も、商品供給が途切れたため、新刊書籍・雑誌が販売できない事態になっています。

■ お客様へ
現在、問屋変更にともなうトラブルの為、各店とも雑誌、書籍とも新刊・既刊の入荷が止まっており、店舗、ホームページでのご注文がお受けできない状態になっております。 手続きを急いでおりますが、復旧には今しばらく時間がかかる見込みです。受注可能になりしだいお知らせいたします。
ご不便。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。(芳林堂書店HP

 芳林堂書店高田馬場店は、筆者は学生時代、毎日のように通わせていただいた馴染みのある本屋さんです。訪ねてみたところ、こんな貼り紙が貼ってありました。

書店閉店が止まらない 一方で米国で「復活」のなぜ

 一部では、連鎖閉店や連鎖倒産の流れは、まだまだ続くのでは? とも言われ、取次自主廃業にともなう余波は、収まる気配がありません。

 流通は産業の血管のようなもの。そこが詰まれば、末端である書店はなすすべもありません。理屈の上ではわかっていたことですが、2001年の鈴木書店、2015年の栗田出版販売の倒産では、今回のような大規模な「連鎖閉店」は筆者の記憶にありません。他の取次に切り替える「帳合変更」ができれば、商売を続けることは可能なはずですが、それすらできないということなのか……。

 筆者は、出版流通の現場を普段から取材しているわけではありませんが、「お客がいるのに閉店」というのは、これまでにあまり見られなかった、新しい事態です。

 いったい、書店の世界で、何が起きているのか――。

 今回は、日本の「書店」業界の置かれた現状を、データやファクトから探ってみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社