お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

スマートフォンネイティブが見ている世界

中高生が「カップル専用SNS」を利用する理由とは

2016/01/30 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「カップル専用SNS」をご存じだろうか。その名の通りカップルだけで使うクローズドなSNSのことだ。FacebookやTwitterなど多くの人が見るSNSでは、周囲の目が気になって恋人とのことが書けないという人は多いだろう。ところが、カップル専用SNSなら周囲の目を気にせずに書くことができ、デートの予定を立てたり、記念日をお祝いしたり、写真を共有したりできる。代表的なものに、「Couples」「Between」「Pairy」などがある。

「Pairy」
「Pairy」

 10~30代の男女を対象としたジャストシステムの「カップル専用SNSに関する利用実態調査」(2016年1月)によると、カップル専用SNSを利用している割合は18.1%。性別・年齢別に見ると、男性は15~19歳が27.6%で最多。続いて20~29歳が25.0%、30~39歳が16.9%だった。一方女性は、やはり15~19歳が30.2%で最多であり、続いて20~29歳が14.6%、30~39歳が9.5%となった。

 ほぼ毎日、アプリを起動するユーザーの割合を、交際期間別に見たところ、交際し始めてから1カ月未満が95.8%、3カ月未満が50.0%、6カ月未満が38.5%、1年未満が45.5%、2年未満が38.9%、3年未満・3年以上が50.0%だった。10代はカップル専用SNSの利用率がきわめて高い傾向にあり、その多くは交際がスタートした直後に使い始めているのだ。

 なお、アプリを利用してから更新頻度が減ったSNSは、「LINE」が54.0%、「Facebook」が23.0%、「Twitter」「Instagram」がそれぞれ5.7%、「MixChannel」が9.2%となっている。

 なぜ、10代はカップルSNSを多く利用するのだろうか。他の世代と利用する理由は異なるのだろうか。そこに潜む心理や問題点について見ていこう。

恋人との写真をSNSに投稿する10代

 カップルSNSアプリ「Couples」の調査(2015年12月)の結果が興味深い。恋人との写真をSNSに投稿したことがあるか質問したところ、24歳以下の半数以上が「はい」と回答。若年齢層は、他の年代に比べてSNSに恋人との写真を多く投稿する傾向にあるのだ。男女別に見ると、女性の51%、男性の66%が投稿したことがあり、男性の方が人前で恋人との写真を公開することに肯定的のようだ。

 通常、カップル専用SNSは、2人だけの場を作ってより親しくなりたいというほかに、他の人に見られずに好きなことを書きたいとか、間違って他人に恋人へのメッセージを送る心配がないといった意図で使われることが多い。実際、「人に変な目で見られたくないから」とSNSでいちゃいちゃしている写真を公開することに抵抗をもつ中高生も存在する。

 中学3年女子A子は、つきあい始めたばかりの恋人とは親しくしたいけれど、人目が気になるからという理由でカップル専用SNSを使っている。「友達はTwitterとかMixChannelとかで(交際を)公開している子が多いし、見せられたら『素敵』とか言うけれど、本音では私はやりたくない。だけど、拒絶していると浮いちゃうから……」と、口を濁していた。

 A子の、恋人がいる友達の多くは、LINEやTwitterなどのSNSのアイコンを恋人とのツーショット写真にしている。「浮気防止とか、のろけとかで替えているみたい」。しかし、人目を気にするタイプのA子はアイコンなども特に替えておらず、本心では替えたくないけれど替えた方がいいのかと悩んでいるという。

 一方、先ほどの調査の通り、SNSに恋人との写真を投稿することに抵抗がない10代の子も多い。中学3年女子B美は、恋人ができたのでいよいよ憧れのカップル専用SNSデビューを果たした。もともとは、好きなタレントが使っているという情報を聞き、恋人がいる先輩達がこれ見よがしに使っているのを見て憧れたためだ。CMで流れているのを目にしたことも大きかったという。

 「使うともっとラブラブになれるし、付き合って何日目とか分かるしハッピーになれるから」「正直、カップル専用SNSは使っていることがステイタス。使っているだけで自慢できる」とB美。わざとホームにアプリを入れておき、人から見えるように使うこともあるそうだ。B美たちはスマホも隠れて使わない。友だちがどんなアプリを使っているのか大体知っており、その場でカップル専用SNSの利用画面を見せられることもあるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社