お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

インターネット上での情報収集に関する調査--男女で異なる情報収集方法

2008/05/20 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、インターネット上での情報収集に関する調査を実施した。

 今回の調査対象者は16歳〜59歳までの男女500人。性年代別で50人ずつの均等割付けを行った。

≪調査結果サマリー≫

  • 約95%のユーザーが、商品購入の前にインターネットで情報収集を行う
  • 具体的な情報収集方法では、「検索サイト」が90%弱で最も多く、次いで「比較サイト」の60%が続く
  • 男女別に見ると、男性は「比較サイト」、女性は「口コミ情報サイト」や「サンプル・トライアル商品」を利用する傾向が強い
  • 全ての情報収集における利用頻度が高まってきており、ネットを使った情報収集がさらに浸透してきている

 Q1では、商品を購入する前にインターネットを利用して情報収集をしたことがあるかを尋ねた。

 その結果、94.4%のユーザーが「利用したことがある」と回答し、殆ど全てのユーザーがインターネットを使った情報収集を行っていることがわかった。

 この結果を男女別に見ると、男性の利用経験率は94.8%、女性は94.0%となり、男女間における差異は殆どないことが伺える。

 ただし、年代別では男性は年齢が上がるにつれ利用経験率が高くなり、逆に女性は10代20代の数値が最も高く、年齢が上がるにつれ利用率が下がる傾向にあることがわかった。

商品を購入する前にインターネットを利用して情報収集をしたことがありますか
男女別利用経験率

 Q2では、Q1で情報収集を行ったことがあると回答した472人に対して、どのように情報収集を行ったかを尋ねた。

 その結果、「検索サイトを利用する」と回答したユーザーが89.6%で最も多く、次いで「比較サイトを利用する」の59.3%、そして「口コミ情報サイトを利用する」の46.2%が続く結果となった。

 また、回答率はあまり高くはないものの「サンプル・トライアル商品を利用する」ユーザーも21.4%存在している。

 この結果を男女別にみると、男性は「比較サイトを利用する」と回答したユーザーが女性に比べ10.6ポイント高く、逆に女性は、「口コミ情報サイトを利用する」が13.1ポイント、「サンプル・トライアル商品を利用する」に関しては27.7ポイントも上回っていることがわかる。

 最近では、「AIDMA」や「AISAS」に加え、商品購入における消費行動パターンを表すものとして「AICEAS」が用いられようになってきた。AICEASとは、Attention(注意)→ Interest(関心)→Comparison(比較)→Examination(検討)→Action(購買)→Share(情報共有)という過程を指すものだが、その特徴は比較だけでなく"検討"をする点にある。

 最近では、2007年7月に青山にオープンした「サンプル・ラボ」だけでなく、「サンプル百貨店」など、同様のサービスが多く誕生してきている。

 今後は女性だけでなく男性においても、サンプルやトライアル商品を利用し「検討」するユーザーが増えてくるのではないだろうか。

具体的にどのような情報収集をおこなったか
男女別の情報収集方法

 Q3では、Q2で利用していると回答したサービスの利用状況を尋ねた。

 その結果、『利用が増えた(「非常に増えた」と「多少増えた」)の合計』というユーザーは「口コミ情報サイト」で最も多く94.9%。次いで、「比較サイト」で93.9%、そして「検索サイト」が92.5%で続く結果となった。

Webマーケティングガイド

このレポートは、インターネット広告やWebマーケティングを手掛けるセプテーニが運営する情報サイト「Webマーケティングガイド」から記事提供を受けています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社