お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NBPCマーケティング通信 2007年9月4日発行

2007/09/04 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コラム1】

アクセスログ解析 「誰が利用するのか」ターゲットを明確に!
工夫しないと貴重なデータが宝の持ち腐れになる

 Webマスターに「ログ解析をしていますか?」と尋ねると「ページビュー数とセッション数の推移を見る程度です」、「いろいろなデータが出てくるのは分かったが、データの読み方、見方がよく分からない」といった話がよく出てくる。アクセスログ解析ツールは、実に多くの有意義なデータを提供してくれるのに、なぜこのような状態にとどまっているのか? それは、多くのWebマスターがアクセスログ解析データを誰向けに出すのか、ターゲットを明確にできていないところに原因がある。

記事全文を見る

【コラム2】

携帯端末販売チャネル事情は東阪で全く違う!
人口流入が続く首都圏で“1円ケータイ”がじわり増殖

 「東京が約40%、大阪が約75%」。これはキャリア直系の正規販売店で売られた携帯電話機のシェアである。日経BPコンサルティングが実施した「携帯電話“個人利用”実態調査2007」では都道府県別に携帯電話の購入ルートを調査している。全国的に見て東京を中心とする関東圏では正規販売店が格安(激安)店や家電量販店に対して劣勢に立たされている。ところが近畿、四国では正規販売店が他を圧倒している。 過剰な販売奨励金(インセンティブ)などの問題を抱えて携帯電話の流通再編の必要を唱える向きもあるが、先行きを予測する上で、こうした地域格差が見逃せない要素となる。

記事全文を見る

【コラム3】

セキュリティ関連や“見逃し視聴”サービスに人気
意外なのは「使いたいサービス」と「払ってもいい料金」の不一致
日経マーケット・アクセスの「NGN市場総覧2007-2008」より

 『日経マーケット・アクセス』は、NGN(次世代ネットワーク)の上でどういうサービスを使いたいか、個人ユーザーと企業ユーザーに分けて調査した。その結果、個人ユーザーではセキュリティ関係のサービスの人気が高いことが判明した。また、ユーザーが払ってもいいと思うサービス料金は、サービスの利用意向とは一致しないことなども分かった。

記事全文を見る

【コラム4】

大量のクロス集計データを扱うExcel小技集(その1)
必要な分析軸だけを表示する
時間との格闘で使える必勝テクニック

 調査会社や集計会社から大量のクロス集計データを受け取った際に、データを効率的に扱い、分析を容易にする簡単なテクニック(小技)を紹介する。表計算ソフトのExcelの機能や関数を使った具体例である。今回は、大量のクロス集計データの中から、重要度が高い分析軸だけを表示させる方法をご紹介したい。次回は、全体平均との乖(かい)離が大きい項目に色を付けるテクニックに触れる予定だ。調査を実施した際に、大量のデータから重要/必要な結果を急ぎで抽出することを求められる機会は多い。「可能な限りコンピュータに処理をさせ、人間の力仕事は最小限にする」。作業のスピードアップと品質向上には、こうしたスタンスが何より大切だ。

記事全文を見る

【最新のマーケット情報】

日経BPコンサルティングが実施して媒体に掲載された各種調査結果を紹介

〔生活〕 スーパー利用者の3割弱が常にエコバッグを持参
〔デジタルライフ〕YouTube認知者の8割強が視聴経験あり
〔企業〕 経営改革とPC、ユーザー部門と情報システム部門の意識差を探る

記事全文を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社