お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NBPCマーケティング通信 2007年7月3日発行

2007/07/03 15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【コラム1】

一橋大学、Webサイトのユーザビリティを大幅に改善
利用者視点のシンプルなリニューアル方針、上層部も参加する組織による運営が奏功

 一橋大学は、大学サイトのユーザビリティ(使いやすさ)でジャンプアップを遂げた。日経BPコンサルティングの「全国大学サイト・ユーザビリティ調査」で、2005年調査時は、220大学中214位に低迷していたが、2006年調査では8位にランクインした。利用者の視点に立ったシンプルなリニューアル方針、大学上層部も参加する横断的な組織による継続的な見直しが、大幅な改善に成功した背景だ。

記事全文を見る

【コラム2】

〜「携帯電話“個人利用”実態調査2007」結果速報〜
グレー系、ピンク系の“ビミョーな色”にも強い反応ソフトバンクのカラー戦略が「色彩感覚」に影響?

 日経BPコンサルティングは「携帯電話“個人利用”実態調査2007」を7月中旬に発行する。2000年に開始したこの調査は今回で12回目を迎えた。今回からWeb調査に切り替え、全国の携帯電話ユーザー1100人(男女半々)を対象に「デザイン×サービス×ライフスタイル」をテーマとして、携帯電話の利用実態に迫った。
特に、所有している携帯電話のカラーリングでは、男性はブラック、女性はホワイト が1位となった。一方、無難さで選ばれてきたシルバーの人気に陰りが出てきている。 好きな色では、中間色も人気があり、男性はグレー系、女性は淡いピンク系にも強く 反応している。

記事全文を見る

【コラム3】

〜日経マーケット・アクセスINDEX:企業情報システム調査から〜
企業のIT投資「今年度は基幹系、来年度はNGN」2010年度は再び内部統制が最重要分野へ

 企業の情報システム投資意欲は依然として高いが、その投資はどこに向かっているのか。『日経マーケット・アクセス(MA)』の独自の定点観測調査「日経MA-INDEX:企業情報システム」の最新データから、今年度、来年度、3年後の2010年度の重点投資項目を分析した。今年度はERPなどの「基幹業務パッケージ」と「業務とITの内部統制」へのIT投資予算が突出、“サーバー統合”関連分野も上位を占める。来年度(2008年度)に投資が増える成長分野は、次世代ネットワーク「NGN」関連がトップで、「SaaS」も勢力を拡大。日本版SOX法対策が峠を越える2010年度は、回答者の6割が重点投資分野に改めて「内部統制」と「基幹業務パッケージ」を挙げた。これら調査結果の詳細は7月13日開催のセミナー『2010年IT市場展望』で報告する。

記事全文を見る

【コラム4】

『TIPS』失敗しない時系列調査
「何も足さない、何も引かない」が王道?2回目以降の調査時に考えるコト

 ある時点で実施した調査を、一定期間後にほぼ同条件で実施し、結果の推移を見る時系列調査。2回目・3回目の調査にあたって追加したい項目なども出てくるわけだが、「時系列比較に支障をきたさない」という観点では、いったいどこまでの変更が許容されるのか。「調査方法や調査対象」、「調査票の中身(ボリューム、質問の仕方や順番)」の2点について、筆者なりの経験をもとにチェックポイントを挙げてみた。

記事全文を見る

【最新のマーケット情報】

日経BPコンサルティングが実施して媒体に掲載された各種調査結果を紹介

〔お金〕3人に2人が資産運用、「国内株式」「投資信託」が主
〔生活〕フリーペーパー、4人に1人が「よく読む」
〔健康〕回答者の81%が、医療ミスに対して不安を感じている
〔企業〕2007年版アフターサービス満足度ランキング

記事全文を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社