お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、「Office Web Apps」のWordで共同編集を可能に

2011/07/08 12:54

 GoogleがMicrosoftの「Office」クラウド戦略を攻撃するときに、的を射た批判の1つとして、「Office Web Apps」--ウェブ版の「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」--では、なにができてなにができないのかが不明確だという点がある。特に、ドキュメントの共同編集になると、さらにわかりにくい。

 米国時間7月7日、Microsoftは「SkyDrive」経由でWordにアクセスして利用する際にドキュメントの共同編集を(少なくとも理論上は)容易にすることで、批判の1つに対応した(SkyDriveはMicrosoftがコンシューマー向けに提供するクラウドサービスで、Office Web Appsのディストリビューション手段の1つとなっている)。

 Microsoftによると、PC上で「Word 2010」またはMac上で「Word 2011」を利用するユーザーはすでにドキュメントの共同編集機能を利用できているという。だが、Office Web Apps版のOfficeアプリケーションは現在、機能が限定的となっており、Office Web Appsのアプリケーションは全て同じ「バージョン」レベルではないという。これはつまり、Word Web AppでできることがPowerPoint Web Appではできない、といったことを意味する。

 Microsoftの最終的な目標は、Office Web Appsスイートの全アプリケーションが、同じ中核の機能セット(共同編集、印刷、編集、閲覧など)を処理できるようにすることだ。しかし、これにどのぐらいの時間がかかるのかについて、同社は言及していない。かつてMicrosoftは、さまざまなOfficeスイート製品のローカル版をきちんと統合して、見栄えよく、機能するようにするのに、数年を要したことがある。

 Googleは共同編集などの機能を持つクラウドアドオン「Google Cloud Connect」で、Office Web Appsスイートの弱点を突こうとしている。

 Microsoftは今後もOffice Web Appsの改良を少しずつ進めていく計画だ。先にリリースした「Office 2010 Service Pack 1(SP1)」により、Microsoftは「Office Web Apps with SP1」で新機能を加えている。この中には、Word Web Appの編集モードから印刷できる機能、Excel Web Appでチャートを挿入できる機能、PowerPoint Web Appでの印刷機能などがある。Microsoftのサポートページに新機能一覧がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

PRSpecial

なぜ、ここまでグループウェアの社内提案は難しいのか

グループウェアに立ちはだかる、見えない「思い込みの壁」とは?
疑問を整理し、思い込みを解消するポイントを紹介

おしゃれなサンダル

おしゃれなサンダル
夏のカジュアルスタイルにぴったり♪

車・バイク用スマホアクセ

車・バイク用スマホアクセ
スマホの可能性が広がる便利アクセサリー

スマホアクセサリー

スマホアクセサリー
ケースや便利アイテムなど続々ご紹介

新作ビデオカメラ特集

新作ビデオカメラ特集
高画質でコンパクトな人気モデルが大集合

タブレットPC特集

タブレットPC特集
プライベートにもビジネスにも大活躍

アウトドアグッズ

アウトドアグッズ
BBQや山登りなど自然の中に出かけよう

特集 by 楽天市場

-PR-企画特集

企画特集一覧

注目コンテンツ

本日の主要記事

注目のキーワード

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社