お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

特集一覧

アーティストによるドローンやAR(拡張現実)、VR(仮想現実)の活用が目立ってきた。新しいテクノロジを使って、アーティストは消費者に何を提供すべきなのか。連載「アーティスト視点のデジタルマーケティング」を一新し、ソーシャルメディアやオンラインコミュニティから幅を広げて、最新領域の動向や知見を紹介する。

スマートフォンやタブレットが活用されると同時に、TwitterやFacebook、LINEなどのコミュニケーションツールも普及したいま、社員全員が企業のインターフェイスとして顧客接点を担う時代が到来した。こうした中、企業はどのようなマーケティング戦略を採り、ビジネスに寄与させるべきか。2013年12月10日に開催した「CNET Japan Live 2013~全社員マーケター時代のビジネス戦略」をレポート。

あらゆるビジネスの主戦場となりつつあるモバイル領域。2013年もさまざまなニュースが世間を賑わせたが、モバイル業界に精通するジャーナリストはどのような点に注目したのか。

透明力――ソーシャルメディアの登場などでやってきた「うそをつけない時代」をテーマに、ループス・コミュニケーションズの代表、斉藤徹氏が、ZDNet Japanで情報システムの視点で、またCNET Marketers'でソーシャルマーケティングの視点でメッセージを送る。

Twitterやfacebookなどのソーシャルネットワークサービスの登場により、企業のプロモーション活動は大きく変わってきた。しかし明確な運用基準や指標がなく手探りで行なっているケースも多い。企業が取り組むSNSの現状を、取り組み方、リスク回避の方法などを紹介する。

9月19日から22日まで、幕張メッセにて国内最大規模のゲーム展示会「東京ゲームショウ2013」が開催される。基調講演の様子や会場に展示されている新作ゲームなどを紹介する。

消費者の購買に関わる行動や影響はオンラインとオフラインの垣根がどんどんなくなっている中、メーカーや小売りなどの企業は、消費者のニーズを的確に捉え、消費体験を価値あることにするために、デジタルデータをどのように活用していけばいいのか。また、流通市場はどのように変わっていくべきなのか。キリン、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)、アドビ システムズの3者が議論した。

Fitbit、UP by Jawboneなど、1日中身につけて活動や睡眠などのデータを取得する「ライフログデバイス」は、特にスポーツや生活習慣の計測を目的として非常に注目を集めている。

モノを売ったり、サービスを認知してもらったりするために考えるべきことが膨大になっており、この複雑で変化の大きい時代だからこそ「マーケティング(物が売れる仕組み)」の巧拙が勝負を分ける。そしてマーケティングは特定部署でなく、全社的に取り組むべき課題となっており、この状況にいち早く対応できた企業が市場創造のアドバンテージを握ることになる。

Twitter、Facebook、mixiと、ここ数年、ビジネス面でも重要度が増してきたソーシャルメディア。 時代とともに変化するソーシャルメディアの知っておきたい動向やプロモーショ ンに役立つヒントなどを紹介する。

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社