お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Basis Technology、MIT Media Lab スピンアウトの情報分析企業 Luminoso と提携


CAMBRIDGE, 2015年5月13日—多言語対応の言語処理ソフトウェア開発企業のBasis Technology (ベイシス・テクノロジー、本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、CEO:Carl Hoffman、URL:www.basistech.com 日本法人:東京都千代田区) は、MITメディアラボのスピンアウト企業であり、ソーシャルメディア等の多言語情報分析サービス提供の Luminoso Technologies, Inc.(以下 Luminoso、本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、CEO兼共同創設者: Catherine Havasi 氏、URL: www.luminoso.com ) とパートナー契約を締結し、Luminosoの情報分析ツール Compass に、Basis Technology のRosette 言語処理プラットフォームの技術を提供したことを発表しました。今後は両社で営業・技術サポート面でも協力体制を築きます。

LuminosoのCompass は、リアルタイムに、世界中の人々のつぶやき等の大量の情報を瞬時に収集、解釈、分析し、すばやくその対応を図ることを支援します。世界のどの国の顧客のつぶやきやコメントであれ、それが真に意味しているをリアルタイムに動的に分析することにより、単なる「ナレッジ」として顧客のつぶやきやコメントを収集・抽出するのではなく、その真意の理解をはかり、アクションにつなげることができます。

Luminoso のCEO兼共同創設者、Catherine Havasi 氏は次のようにコメントしています。 「弊社がBasis Technology を選んだ理由は、多言語解析における彼らの世界的名声と長年の実績・知見ゆえです。 Rosette 言語処理プラットフォームによりテキスト情報を的確に分析し、効率的に利用することにより、顧客が話題にしているテーマや、製品機能についてのコメント、そして消費者心理なども的確に分析できるようになります。Basis Technology との提携により、日本や韓国はむろん、世界市場で積極的に事業を展開し、真にグローバルな価値を提供します。」

Basis TechnologyのCEO、Carl Hoffman は次のように述べています。 「Luminosoのビジョンに大きな可能性を感じており、顧客の真の声を企業が的確に理解できる価値をもたらすと確信しています。弊社の技術の最大の強みは、膨大な多言語テキストの中から価値ある情報を見いだせることであり、この利用によりLuminosoはより大きく飛躍を遂げることでしょう。 両社の技術は互いに、まさになくてはならないものです。」

Basis Technology について

Basis Technology は、多言語テキスト解析やデジタルフォレンジック技術を組み込んだ革新的な言語処理ソフトウェアを開発しています。Rosette 言語処理プラットフォームは、形態素解析、固有表現抽出、名称照合および名称翻訳などの機能を提供し、情報検索をはじめ、政府関連のインテリジェンス、e-discovery、金融コンプライアンスなどの分野でも、非構造化データから有効な情報を解析するために利用されています。 デジタルフォレンジックチームでは犯罪等の証拠抽出を行うための優れた技術をリーズナブルに提供し、政府関連機関および法執行機関等におけるデータ保存容量の増大への対応を支援しています。

Luminoso について

Luminoso は、2010年にMITメディアラボからのスピンアウトとして創業を開始し、テキスト情報から価値ある見識を引き出しています。ビジネスにおけるビッグデータの爆発的な増加に伴い、その解析ニーズが高まっています。そのため、統計や消費者層などの定量的データを解析するためのツールが大量に作られてきましたが、テキスト情報を十分に解析できるツールはありませんでした。Luminosoは、これらテキスト情報の解析ニーズに応えるため、高速で科学的な手段を提供しています。 


お問い合わせ: 
ベイシス・テクノロジー株式会社
Tel: 03-3511-2947
Email: info@basistech.jp
担当: 辻  

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社