お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

モバイルバンキング&ペイメントサービスのユーザー数、2012年には9億人に達する見通し

株式会社グローバル インフォメーション
2008/06/18 10:00

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社IMS Researchの発行する最新の英文調査報告書「Market Focus: The Mobile Wallet - How, What, Where and When?」の販売を開始いたしました。

英国の市場調査会社IMS Researchが発表した最新のデータによれば、2012年における非接触モバイルペイメント、モバイルバンキング、OTAトランザクションのユーザー数は、総計で8億8,400万人に達すると予測されています。これは新技術、新プラットフォーム、新サービスを利用し、同年内に620億件のトランザクションを行うと予測されるユーザー数の累計です。

同社が発行したモバイルウォレットのアプリケーションおよびサービスに関する最新の調査報告書「Market Focus: The Mobile Wallet - How, What, Where and When?」では、多くの新興国市場におけるモバイル普及率がバンキングや固定回線インフラの普及率を大幅に上回っており、モバイルが唯一利用可能なアクセス手段であるケースも多いと指摘しています。これはモバイルが個人的なアクセスの代替的手段である先進国市場とはきわめて対照的です。Orascom社は本年、プリペイドクレジットモデルに基づくと思われるユニークなサービスを多くの市場で開始すると発表しました。同社はこの取り組みの中で、特にNTTドコモ、KTF、Vodafone、Globe、Smart、TIM、AT&T、Sprintなどのオペレーターと提携し、モバイルファイナンシャルサービス関連の勢いを増強させています。

【 英文市場調査報告書 】

Market Focus: The Mobile Wallet - How, What, Where and When?

モバイルウォレット市場

リンク

出版社IMS Research

出版日2008/04


【 本件に関するお問合せ先 】

株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社