お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

3Gのサービス期間短縮

米国の調査会社ヘビーリーディング社の市場調査レポートが5月に刊行されました。

W-CDMAはようやく世界の3G無線技術の主流になりつつあるが、4GのモバイルWiMaxやLTE技術のサービスが現在の計画通り開始された場合、3Gのサービス開始が予定より遅れた分、サービス期間は縮まるだろう。その結果、オペレータやベンダ内部のネットワークプランは、今まで以上に課題が多いものとなっている。米国の調査会社ヘビーリーディング社の調査レポート「3Gのサービス期間短縮:GSM、LTE、W-CDMAの将来」は、GSM/EDGEとW-CDMA/HSPAの今後の規制、規格、製品展開について論考している。また、オペレータによる設備投資の選択を左右する要因を分析し、新しい市場のダイナミクスと研究開発の関連の上でベンダのポジショニングを査定している。

◆調査レポート
3Gのサービス期間短縮:GSM、LTE、W-CDMAの将来
リンク

◆米国ヘビーリーディング社リサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社