お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Nortel、成長を続けるWiMAXエコシステムに京セラとAcerの製品を追加

CTIA Wireless 2008にて完全なWiMAXソリューションを展示

ネバダ州ラスベガス発 - Nortel* [NYSE/TSX: NT]は、同社のWiMAXデバイスのエコシステム・プログラムに、京セラとAcerの新型ワイヤレス機器を追加したことを発表しました。今回、エコシステム・プログラムに追加されたのは、世界で初めてWiMAXとCDMAのデュアルモードを実現した携帯電話プロトタイプのひとつであるKyocera TWXO1と世界初のWiMAX対応ラップトップ・コンピュータAcer Aspire 5920です。両社はそれぞれの製品をNortelの4G WiMAXネットワークに接続することで「移動中の」高速ワイヤレス・インターネット・アクセスが実現することを示しました。

NortelはAcer Aspire 5920に対してネットワーク相互運用性を確認した唯一のWiMAXベンダーです。Nortelは京セラ、Acerをはじめとした10社を超えるワイヤレス端末およびチップ設計の分野でのグローバルリーダーとの協力を通じ、お客様が自社のWiMAXネットワークを構成する端末を選ぶ際に選択肢と柔軟性を提供できるようになりました。

4G WiMAXネットワークは真のモバイル・ブロードバンドを消費者に約束しますが、従来のワイヤレス機器では4G WiMAXの速度と帯域幅を活用することができませんでした。京セラとAcerがNortel WiMAXエコシステムに加わったことで、NortelのWiMAXソリューションを使用する通信事業者は、京セラのWiMAX対応携帯電話やAcerのラップトップの利用者にワイヤレス・インターネット、VoIP、ビデオ・ストリーミングなどの先端モバイル・ブロードバンド・サービスを提供できるようになりました。

NortelのWiMAX / Wireless Mesh部門、ゼネラル・マネージャのピーター・マッキノン(Peter MacKinnon)は次のように述べています。「ハイパーコネクティビティーはすでに現実のものとなっています。ラップトップは携帯電話とともに、接続すべきものはすべてブロードバンドネットワークへ接続されるという大きなトレンドのなかで、この流れを推進する要素のひとつとなっています。従来のモバイル端末はすでに今日の2Gおよび3Gネットワークに接続され、音声とデータ・サービスを提供していますが、今後さらに高速、高帯域のモバイル接続が求められており、NortelのWiMAXソリューションはこれらの期待に応えるものといえます。」

また、「携帯電話にとって音声通話のみの対応では十分ではなく、ビデオやTV番組を視聴できることが求められています。ラップトップは無線LANのホットスポットにおいてワイヤレス接続するだけでは十分ではなく、いつでもどこでも高速ワイヤレス・インターネットに接続できることが求められています。 NortelのWiMAXソリューションは、主なワイヤレス・サービスをサポートする4Gの速度と帯域幅を広域で提供するだけではなく、WiMAXデバイスの幅広いエコシステムを通じてユーザーが求める真のモバイル・ブロードバンド環境を実現しています。」と述べています。

CTIA Wireless 2008では、実際のNortel WiMAXネットワーク上でKyoceraTWXO1とAcer Aspire 5920へのビデオ・ストリーミングのデモを実施します。京セラとAcerの消費者向け機器は、Nortelの包括的なエンドツーエンドのWiMAXソリューションを補完するものとなります。このWiMAXソリューションには、VoIPやビデオなどの高帯域幅モバイル・アプリケーションに十分な最大30 Mbpsのスループットを提供する「Wave 2対応端末」と呼ばれる、さまざまなMIMO対応機器が含まれています。

「Nortelには通信事業者が4Gへの移行に成功するために必要なすべてのもの、すなわちWiMAXとLTEでのイノベーション、強力なエコシステム、オールIPのコア、および消費者と企業ユーザーがワイヤレス・エクスペリエンスから何を求めているかに対する深い理解が存在します」とマッキノンは述べています。

Nortelについて

Nortelは、通信技術分野のリーダーとして、BUSINESS MADE SIMPLE(ビジネスをよりシンプルに)という理念を具体化して顧客の皆様に提供します。Nortelは通信事業者と企業の双方に向けた次世代技術により、マルチメディアやビジネスに必要不可欠なアプリケーションをサポートします。またNortelは、ネットワークを簡素化し、人と必要な情報を必要なときに結びつけて、効率改善、迅速化、パフォーマンス向上における障害を取り除くよう技術設計を行っています。Nortelの事業展開は世界150か国以上におよびます。詳しくは、www.nortel.com をご覧下さい。またNortelに関する最新のニュースは、www.nortel.com/news でご覧いただけます。

当プレスリリースには、「可能性」「見込み」「場合」「期待」「思われる」「意向」「約」「計画」「想定」「努める」およびそれらに類似する表現およびそのバリエーションが含まれている場合があります。これらの表現は、関連証券法にもとづく予示的声明や情報を示しています。これらの情報は、Nortelを囲む事業環境、景気、市場に対するNortelの現時点における期待、見積、予測、予想に基づいています。またこれら情報は、予想が難しい重要な推定、リスク要因、不確定要因の影響を受けます。当プレスリリースで説明された結果や出来事は、実際の結果あるいは出来事と異なる場合があります。これらの要因やその他の詳細については、Nortel が米国証券取引委員会に提出した年次報告書Form 10-K、四半期報告書Form 10-Qおよびその他の提出書類に記載されています。Nortelは、適用法により要求されない限り、新情報、将来の出来事、その他の如何にかかわらず、あらゆる予示的声明を含め、このプレスリリースのあらゆる記載情報について、それを更新・改正する意思あるいは義務を放棄します。

* Nortel、Nortel ロゴ、グローブマークは Nortel Networksの商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社