お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

セキュリティ面の不安が企業におけるモバイルシステムの普及を阻害する最大の障壁

株式会社グローバル インフォメーション
2008/05/30 10:00

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社Datamonitorの発行する最新の英文調査報告書「Enterprise Mobility: Trend Analysis to 2012 (Strategic Focus)」の販売を開始いたしました。

企業の従業員が自分のパーソナルデバイスを会社のアプリケーションに統合する動きが広がる中、AppleのiPhoneがコンシューマライゼーションに対する議論を再燃させています。コンシューマライゼーションとは、新技術がまず消費者向けの市場に投入され、その後企業向け市場にも広がるという現象を指しています。しかし、ITマネジャーの多くは、こうしたデバイスの管理責任を引き受けることに消極的です。これは、市場調査会社Datamonitorがこのほど発行した調査報告書「Enterprise Mobility: Trend Analysis to 2012」のなかで指摘しているものです。同報告書によると、現在世界各国の企業がモバイルデバイスに支出している金額は60億ドルですが、2012年には170億ドルに増大するといいます。モバイル環境で仕事をする従業員の数を増やそうと考える企業は今後さらに増えるため、ITマネジャーも、モバイルデバイスに関するポリシーの導入に着手する必要性を強く意識するようになると思われます。

【 英文市場調査報告書 】

Enterprise Mobility: Trend Analysis to 2012 (Strategic Focus)

エンタープライズモビリティ市場:~2012年(戦略分析)

リンク


出版社Datamonitor

出版日2008/03


【 本件に関するお問合せ先 】

株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社