お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ニフティが、Webメール「@nifty Web メール」の大容量化に伴い 全文検索機能としてアクセラテクノロジのAccela BizSearchを採用

アクセラテクノロジ株式会社は大手インターネットサービスプロバイダー、ニフティ株式会社様のウェブメール「@nifty Webメール(アット・ニフティウェブメール)」にアクセラテクノロジの検索ソフトウェア、Accela BizSearch(アクセラビズサーチ)が採用されたことを本日発表いたします。

ニフティ様が運営する大容量・無期限保存の無料メールサービス「@nifty Webメール」では、2007年度より保存できるメール容量の上限を5GBに引き上げました。それに伴い格納した大量のメールからほしいデータを容易に取り出せる機能の必要性が高まり、今回メール全文検索機能の開発に至りました。

採用決定の要因
ニフティ様は今回、その全文検索機能として、アクセラテクノロジの検索ソフトウェアAccela BizSearchを採用されました。
採用の決め手となったのは、以下の3点です。
1つ目は日本語検索に対する強みです。Accela BizSearchは、検索方式に検索漏れのないN-gram(エヌグラム)方式(*1)を採用しているため、メールで使われる固有の言葉や新語なども、辞書の整備等の手間なくすぐに検索対象とできます。
2つ目はインデクシングの即時対応です。利用者がメールの検索を行う際に、その時点で受信しているすべてのメールが対象となる必要があるため、検索用インデックスの更新は利用者がメールを確認する度に即座に行われなければなりません。アクセラテクノロジは今回そのインデクシングの即時更新に対応しました。
3つ目は国内1220サーバ(*2)の導入実績です。アクセラテクノロジではこれまでにも大規模システムの導入に実績があり、ニフティ様では既にショッピングサイトでAccela BizSearchを採用されていたため、その信頼性の高さから今回採用を決定されました。

*1: N-gram方式:入力された文章を「N文字の文字列として区切る」という方式。文章に含まれる単語を文字列単位で分解し、それを単語として認識する方式。
*2: 2008年3月現在

◇アクセラテクノロジ株式会社概要
アクセラテクノロジ株式会社は、2001年に富士通株式会社のスーパーコンピュータグループのメンバーが母体となり設立され、世界トップレベルの高性能検索ソフトウェア「Accela BizSearch®」とプロフェッショナルサービスにより、ミッションクリティカルな企業向け検索ソリューションを提供しています。「Accela BizSearch®」は国内企業1,220サーバ(2008年3月現在)の導入実績を持ちます。



※Accela BizSearchは、アクセラテクノロジ株式会社の登録商標です。一般に記載の会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

<報道関係および一般のお問い合わせ先>
アクセラテクノロジ株式会社 営業部 マーケティンググループ 藤原、太宰
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目19番19号 恵比寿ビジネスタワー13F
TEL : 03-5793-5411
E-Mail : marketing@accelatech.com

用語解説

*1: N-gram方式:入力された文章を「N文字の文字列として区切る」という方式。文章に含まれる単語を文字列単位で分解し、それを単語として認識する方式。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社