お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

最先端バックアップソリューションでも発症する断片化

テクノロジー関連編集者各位

インド・ムンバイ発 --(ビジネスワイヤ) -- 2008年5月14日 -- 今日、テクノロジーは急速に発展しています。管理やアクセス、保存が必要なデータ量の急増に対処するため、これまでに、仮想サーバーや、高速のテラバイト級ディスクなど、多くの新技術が投入されました。そして、災害時に膨大なデータを速やかに取得するため、バックアップソリューションも必然的に進化する必要がありました。しかし、そこで常に浮上するのが、データ量が多いほどバックアップに時間がかかってしまう、という問題です。


保存対象となる大量データとそのバックアップ所要時間の課題への対策として、データ転送の高速化が求められます。ネットワーク接続ストレージ(NAS)などの新技術によって、この問題点は大きく改善されました。しかし、依然としてデータ転送の高速化の根本的な妨げとなっている問題があります。それが「ファイル断片化」です。数十、数百、ときには数千に分割されているファイルを含む数ギガバイトのデータを処理する場合、データへのアクセスとその転送に必要なI/Oとネットワーク・トラフィックは大幅に、しかも不必要に増大します。このようなケースでは、高価な最新式のバックアップシステムもあまり効果がありません。


多くの企業がこの問題を認識し、断片化に対するソリューションを導入しています。デフラグをスケジュール実行することによって、転送するデータの断片化を予め解消しているのです。これにより、アクセスする断片数とデータ量が削減され、データはより高速で転送されるようになります。しかし、ここで新しい問題が浮上してきています。1日24時間365日、常にアクセスがあるディスクは、いつデフラグをすればユーザーに影響を与えずにすむのでしょうか? また、デフラグを定期的に実行しても、次の実行までにはまた断片化が進行しているのではないでしょうか? それに、驚異的な速さで断片化が進行する今日の状況において、定期的なデフラグは本当に効果的なのでしょうか? 求められるバックアップを行うためには、これらの問題は十分に検討する必要があります。


今日の業務システムおよびストレージシステムに追加すべき効果的なソリューションは、スケジュール不要で、バックグラウンドで透過的に実行され、システムリソースに影響を与えないデフラグです。このようなソリューションがあれば、ドライブは断片化症状から解放されて、バックアップ時の転送速度を最大限に引き出せます。また、バックアップ処理のアクセス対象となるディレクトリを統合するソリューションも有効です。


つまり、最先端のコンピューターシステムやストレージソリューションに欠かせない要素は、最先端のデフラグ技術なのです。


本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


CONTACT: Bruce Boyers Marketing Services
Bruce Boyers, 818-637-2625
info@boyersmarketing.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社