お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フルーク・ネットワークス、携帯型ネットワーク・アナライザー「EtherScope シリーズ II ネットワーク・アシスタント Ver.4」を新発売

作業効率を革新的にアップさせた新しいテスト手法により、通信事業者やシステム・インテグレーターの確実な付加価値サービスを支援

テスターからネットワーク管理まで幅広いネットワーク関連製品を提供する米フルーク・ネットワークスの日本法人である株式会社フルーク(東京都港区、代表取締役社長:早川和己、資本金:1億円)は、作業効率を革新的にアップさせる強力なテスト機能が追加された携帯型ネットワーク・アナライザー「EtherScope(イーサスコープ) シリーズ II ネットワーク・アシスタント Ver.4」を5月15日より発売いたします。
この製品は、銅線(メタル)/光/無線ネットワーク現場での迅速なトラブルシューティングをサポートするツールとして定評のある「EtherScope シリーズ II ネットワーク・アシスタント」を機能強化した新製品です。通信事業者、SI 事業者およびサービス事業者のビジネス拡大に大いに役立つものです。インストーラ、VAR※、およびSI事業者は、新機能であるEtherScopeサービス・パフォーマンス・ツールを使うことで、ネットワーク構築中のLANの性能検証が容易に実施できます。DHCP、DNS、web 等の重要なネットワーク・サービスが正しく機能し、かつ、許容できる応答性を持っているかどうかの検証とその文書化が可能です。このような文書化機能によって、ユーザはクライアントの要件に応えることができるだけでなく、競合に対するサービスの差別化を図る有効な手段となります。このように、ネットワーク構築とその検証のための理想的なツールである「EtherScopeシリーズ II ネットワーク・アシスタント Ver.4」を導入することで、SI事業者は、プロジェクトをこれまで以上に迅速かつ低コストで完了できます。
「EtherScope シリーズ II ネットワーク・アシスタント Ver.4」の価格は、88万円(税別)~。初年度の売り上げ目標は200セットをめざしております。

■SIerやVAR、ネットワーク敷設事業者等の競争力向上に貢献するネットワーク・アナライザー

「EtherScope シリーズ II ネットワーク・アシスタント Ver.4」は、SI事業者やVAR技術者の、ネットワーク構築作業や検証、および迅速な文書化の効率アップとコストダウンを可能にします。新機能「サービス・パフォーマンス・ツール」によって、ネットワーク構築中のLAN性能検証が容易に実施できます。SI事業者やVARのネットワーク技術者は、このツールを使うことで、DHCP、DNS、web 等の重要なネットワーク・サービスの機能とその応答性を容易に検証し、速やかなレポート作成ができます。このような文書化機能によって、クライアントの要件に応えるだけでなく、競合に対するサービスの差別化のための有効な手段となります。さらに、ネットワーク敷設事業者は、しばしばイーサネット・パフォーマンス試験も同時に実施しなければなりません。そのような場合は、この一連の強力なテスト機能が、ネットワーク・インフラの敷設とその機器設定の検証作業を強力に支援してくれます。
また、ネットワーク立ち上げ時のLANやWANリンク性能を完璧に特性付けるレポート機能も新たに追加され、そのリンク性能を容易に把握することができます。たとえ、顧客から後々パフォーマンス問題を指摘されたとしても、当初、測定したレポート内容と比較することが可能なため、検証を行った結果の文書は、プロジェクトが問題なく完了したことの証しとしての役割を果たしてくれます。

■ネットワーク導入・展開時の問題解決に費やす作業時間や作業コストを大幅に削減し、現場ネットワーク技術者の問題解決に貢献

「EtherScope シリーズ II ネットワーク・アシスタント Ver.4」では、RFC2544試験手順とジッターとビットエラーを含むその他の高度なテスト機能を用いることで、カスタマイズ可能な評価基準を用いたエンド・ツー・エンドのイーサネット・パフォーマンスの測定と評価が行なえます。また、これらのネットワーク展開時の検証に焦点をあてた新しい機能に加え、802.11n(ドラフト)のトラブルシューティング機能を備えたことで、そのアクセスポイント検出と位置の特定を可能にし、ネットワークのセキュリティー強化に大いに貢献します。
SI事業者とVARのネットワーク技術者は、一般的に彼らの時間の70%をネットワークの導入・展開時の問題解決に費やしています。「EtherScope シリーズ II ネットワーク・アシスタント Ver.4」で新しく拡張されたイーサネット性能テストは、こうした現場技術者が抱えるネットワーク立ち上げ時の問題を速やかに解決してくれるものです。
また、エンド・ツー・エンド試験に際して、これまでの本体同等の多機能のリフレクターではなく、安価なギガビット用ネットワーク・マルチメーター「LinkRunner Pro(リンクランナー・プロ)」※を複数台用いて試験することができます。これにより、フィールドでの検証時間の低減とともに作業コストの大幅な削減が可能となります。
以上のような強力な機能アップにより、企業のネットワーク運用管理者、ネットワーク・エンジニアは大幅な検証時間の削減とさらなるコストダウンができます。そして、さまざまなネットワーク環境、特にますます普及が期待されている無線ネットワークの安全性確立に貢献できるだけでなく、ネットワーク・パフォーマンスの検証に必要なRFC2544に基づくスループット試験とその簡潔な文書化機能による、業務の一層の効率化が図られます。

<「EtherScope シリーズ II ネットワーク・アシスタント Ver.4」の特徴>

●ネットワーク構築中のLAN性能検証が容易に実施できる「サービス・パフォーマンス・ツール」:
SI 事業者とVARの技術者は、このツールを使うことで、DHCP、DNS、web等の重要なネットワーク・サービスが正しく機能し、かつ、許容できる応答性を持っているかどうかを検証し、その文書化が可能です。

●LANやWANのリンク性能を完璧に特性付けるレポート機能:
検証結果は、立ち上げ時のLAN やWANのリンク性能を完璧に特性付けるレポートに変換され、そのリンク性能を容易に把握することができます。

●拡張された一連のイーサネット・パフォーマンス・テストによって、新たなネットワーク試験機能を提供:
ユーザは、RFC2544試験手順およびジッターとビットエラーを含む、この高度な試験機能を用いることで、カスタマイズ可能な評価基準を用いたエンド・ツー・エンドのイーサネット・パフォーマンスの測定と評価が行なえます。

●802.11n(ドラフト)のトラブルシューティング機能を装備:
アクセスポイント検出と位置の特定を強力にサポートするとともに、インフラおよびクライアント機器が適正な認証メカニズムを採用しているかどうかを検証し、無線LANのログイン機能のトラブルシューティングが可能です。

●SNMPv3※をサポート:
新しいバージョンのSNMPを使用した機器管理に携わるネットワーク技術者にとって重要なSNMPv3もサポートします。

<「EtherScope シリーズIIネットワーク・アシスタント Ver.4」の価格>
        88万円(税別)~

■フルーク・ネットワークスについて
フルーク・ネットワークスは、米国の精密電子計測器メーカーである「フルーク・コーポレーション」のネットワークス部門が2000年に分社化して生まれたネットワーク関連ツールメーカーです。「Network SuperVision solutions(TM)(ネットワークの可視性を最大限に高めるためのソリューション)」の提供を企業使命としており、お客様の重要なITインフラであるネットワークを常に最適な状況に保つための監視・解析やトラブルシューティングをサポートしております。現在、日本を含む世界50ヶ国以上で事業を展開しており、弊社の高品質・高付加価値ソリューションは既に世界20,000以上の企業ネットワーク、システム・インテグレーター等のネットワーク設計・構築の専門企業などで使用されています。
詳細は以下のURLをご参照ください。
リンク

※EtherScope、LinkRunner Pro等の製品は、米フルーク・ネットワークス社の登録商標または商標です。
※その他記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※VAR(Value Added Reseller):付加価値再販業者。機器の組み合わせによって特定用途向けにカスタマイズしたり、システムインテグレーションを付加して販売する形態。

※LinkRunner Pro:レイヤー2、3のネットワーク試験をサポートする、ギガビット用ネットワーク・マルチメーター。安価ゆえにネットワーク構築業者が複数のリンクに配備したり、または複数の現場技術者に装備させることが可能。

※SNMPv3:SNMP(メールのホスト間転送プロトコルの一つ)の第三版。SNMPv2の普及は不可能であると判断された後、SNMPv1の改良版として作られたプロトコル。仕様はRFC 2571〜RFC 2576で公開されている。ユーザ認証や暗号化機能などが追加されている。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社