お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

trixbox Pro 2.0 登場!

Version 2.0はこれまでにないビッグリリースとなり、120以上の機能追加が行われました。皆様のフィードバックにより一層ブラッシュアップされたシステムとなっております。

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー(〒238-0048 神奈川県横須賀市安針台17-3 代表取締役社長:柴山浩、以下「弊社」)は、2008年2月より米国のFonality社(200 Corporate Pointe Suite 350 Los Angeles, CA 90230 TEL 877-FONALITY, 310-861-4300)と販売代理店契約を結び、trixbox Pro販売及びサポートを展開してまいりました。この度、trixbox Pro 2.0がリリースされたことに伴い、本リリースのハイライトをご紹介致します。

弊社trixbox Pro関連ウェブサイト: リンク
Fonality社: リンク

すべてのエディションに追加された新機能
FONcall™
FONcall™™はFirefoxのアドオンで、Webサイト上の電話番号を認識し、番号をクリックするとその電話番号へ自動でダイヤルすることができます。 FONcallはAastra社や Polycom社製電話機のオフフックキーを自動的に動作させ、ハンズフリーで電話をかけることができます。FONcallとCRMソフトウエアを組みあわせれば、生産性が著しく向上するでしょう。

日付毎のスケジューリング機能
特定の日付でのカスタムスケジュール設定は、これまで多くのユーザーから要望として寄せられておりました。本リリースではその機能が実装され、特定の休日や祭日などのスケジュールに基づいた着信処理を行うことができます。

ナイトモード
3つのキーをダイヤルするだけで、システムは夜間モードに入ります。

サポート対象電話機の追加
さらに多くの電話機をサポートするようになりました。最新型のAastra 51i, 53i, 55i, 57i, 57i CTそして、Polycom 320, 330, 550, 560、650をサポートします。

自動電話機設定機能
電話機をネットワークに接続するだけで、内線が作成され、電話機の設定ファイルが生成されます。そして、新たに接続された電話機には自動的に内線番号が割り当てられます。ハンズフリー自動設定機能は、サポートされているAastra社製、およびファームウエア2.2またはそれ以上のPolycom社製の電話機で動作します。

BLF (Busy Lamp Field:各内線端末の動作状態を確認し通知する機能) をサポート
他のユーザーの通話状況を電話機上で確認できるようになりました。社員名簿機能を使い、BLFをサポートするAastra社製電話機のBLFエリアにユーザーをドラッグアンドドロップするだけで設定できます。Aastra 536Mおよび560M拡張ボード(サイドカー)を自動検出し、BLFキーを自動的に拡張します。

電話帳のリンク機能の強化
社員名簿や電話帳は、ローカルなサーバーだけでなく、リンクされたすべての支社のサーバー間で共有できるようになりました。 つまり、発信者はリンクされた他の支社のサーバーに登録されている社員名簿から着信先を選択できるようになります。

E1とBRIカードの選択が容易に
「Options」タブから、「cards」を選択して搭載カード、E1またはBRIカードを選択できるようになりました。

さらに充実したアラート機能!
システムのアラート情報が追加されました。アラートはEmailやテキストメッセージで配信されます。赤/黄色のアラームは、PRI、RAIDハードディスク障害、アナログ回線の電圧低下やその他の状況で配信されます。

一つの画面でお客様を管理
リセラーの皆様向け機能:すべてのお客様の情報をひとつの管理画面から管理できます。管理画面右下のホットスイッチをクリックすると任意のサーバーへジャンプできます。

スタンダード版のすべての機能に加えてさらに…
エンタープライズ版に加えられた新機能
FindMe®
どこにいてもお客様からの電話を受けることができます。自在にルールを作成して、携帯電話、自宅の電話、または他の支社にいても電話を受けられます。 FindMeはスケジュール機能、同時着信、許可リストなどの機能とあわせて利用できます。新しいFindMeはあなたがデスクを離れると、かかってきた電話を自動的に携帯電話につなぐこともできます(この機能を利用するにはHUDが必要です) 。

Boomerang® モバイルインテグレーション
登録商標であるBoomerang®機能をFindMeとセットで使用し、離席時に携帯電話に転送された通話を、どの内線番号へでも再転送できます。携帯電話のキーを操作するだけで、社員やオフィスの電話にすぐに転送することができます。Boomerang®機能を使えば、携帯電話から通話を録音することさえできます。

コールスクリーニング(通話選択機能)
コールスクリーニング機能により、話したい人からの電話を、話したい時だけ受けることができます。自分の内線にFindMe® を設定し、携帯電話や自宅、他の電話番号に転送された通話をスクリーニング(選別)することができます。通話を転送する前にPBXは発信者に名前を録音するように促します。そして電話を受ける前に、録音された音声がコールスクリーニング機能により再生されるので、受信時には発信者を識別することができます。このようにして、電話を受けるかどうかを選択することができます。

スタンダード版とエンタープライズ版のすべての機能に加えてさらに…
コールセンター版に加えられた新機能
割り込み通話レポート
これまでもHUDを利用しての割り込み通話が可能でしたが、今回のバージョンアップでコールセンター管理者は割り込まれた通話のレポートをCDR Reportsページから見ることができるようになりました。

携帯電話を利用するエージェント機能 – 改良されました
携帯電話に転送されたキューコールは、キーを押して着信する機能(press-to-accept)が有効になっており、携帯電話の留守録やボイスメールに誤って着信しないようになっています。

上記の新機能に加え、100以上の新機能や、バグの修正、改良を行っており、trixbox Proは皆様のビジネスにとってさらにお役に立てる製品となっております。

trixbox Pro はスタンダード版(SE)と呼ばれる無償版から、わずかな月払い料金かお求め易い買い取り価格でご利用いただけるエンタープライズ版(EE)やコールセンター版(CCE)まで、用途に応じて柔軟にお選びいただけます。


会 社 名:株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
代 表 者:柴山 浩
設   立:2006年5月 
業務内容:システム開発・運用、翻訳・通訳、クロスカルチャー研修業務など
所 在 地:〒238-0048横須賀市安針台17-3-502
TEL:046-821-3362 FAX:046-821-3306
U R L : リンク

この件に関するお問合せ先:
株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
ソリューション営業部 担当:木幡
Email: sales@cba-japan.com

関連情報
http://cba-japan.com/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社