お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ノーテル、日米フォーカス・グループ調査実施

4G技術を使ったハイパーコネクティビティーへの期待が明らかに

東京発 - Nortel* [NYSE/TSX: NT] および米国のテレコム業界に特化した調査会社CSMG ADVENTISは、ニューヨーク、シアトル、ワシントン、そして東京、大阪で合計18のフォーカス・グループ(140名)を対象に、無線ネットワークの課題とニーズについての調査を実施しました。

調査は、高校生、大学生、若年層の社会人、経験ある社会人、およびプロシューマーと呼ばれる高度な知識を持つ消費者というグループに分けて実施されました。すべての回答者は2G/3Gテクノロジーのヘビー・ユーザーです。2007年5月から8月にかけて実施され、それぞれのフォーカス・グループについて2~3週間かけて調査を行っています。


結果として、どのフォーカス・グループも、速度、そして信頼性について、不満をかかえているようです。ネットワークによる音楽や映像は依然満足のいくクオリティに達しておらず、また既存のモバイル・データ・サービスの機能についてもフラストレーションを抱えていることが分かりました。また、Webブラウジング、ソーシャル・ネットワーキング、モバイルTVといったサービスを提供する無線機能の改善を待ち望んでいることが明らかになりました。


>>調査結果の詳細および参考資料については以下をご覧ください。


ソーシャル・メディア・リリース: ノーテル、日米フォーカス・グループ調査実施

リンク


* Nortel、Nortel ロゴ、グローブマークは Nortel Networksの商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社