お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

スイッチドデジタルビデオと迫りくるケーブル帯域幅の危機

米国の調査会社ヘビーリーディング社の市場調査レポートが12月に刊行されました。

ケーブルMSOは、通信会社のIPTVプロバイダとの競争に向け、キャパシティ全体の拡大や、既存の帯域幅をより効率的に利用する必要性に関する認識を強めている。スイッチドデジタルビデオ(SDV)は、この問題に対処する重要な技術である。米国の調査会社ヘビーリーディング社の調査レポート「スイッチドデジタルビデオと迫りくるケーブル帯域幅の危機」は、急速に発展するスイッチドデジタルビデオを調査し、導入の問題とケーブル業界がキャパシティ危機に対処するためのスイッチドデジタルビデオの長期的な安定性に焦点を当てている。特に、今後2年間のケーブルオペレータによるスイッチドデジタルビデオ技術のテスト、習得、導入の計画と、それらの計画の妨げとなる市場や技術上の問題点を明示し、分析している。

米国の調査会社ヘビーリーディング社は、次世代ネットワークのハードウエア、ソフトウエアに関する分かりやすい分析を行い、キャリア、サービスプロバイダ、ベンダに通信技術の定量的分析を提供しています。日本国内の販売は、株式会社データリソース(東京都港区)が行っています。

◆調査レポート
スイッチドデジタルビデオと迫るケーブル帯域幅の危機
リンク

◆米国ヘビーリーディング社リサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社