お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本と韓国のモバイルマーケティングと広告

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが12月に刊行予定です。

日本と韓国のモバイルオペレータは、収益性を上げたり、新しい収入源の開発を模索したりすることによって、モバイルマーケティングサービスを発展させている。マーケティング担当者とブランドのマネージャーは、モバイル広告によって、広告主にとって関心の高い特定の消費者層にアピールすることのできる、高度な目標設定によるキャンペーンを行うことが可能だと考えている。3Gとハイエンドモバイル端末の高速アクセスによって、モバイル広告は拡大し、新たな手法と広告モデルが導入されている。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「日本と韓国のモバイルマーケティングと広告」は、モバイル広告やモバイルマーケティングの市場構造、ビジネス上の課題、いくつかのモバイル広告の手法、実際のケーススタディなどを調査している。また、従来型と同時に、新たに発展した広告ツールに焦点を当て、SMS、MMS、モバイルクーポン、 待ち受け画面広告、呼び出し音広告、ホットコードとホットナンバー、車両ナビゲーション広告、広告のモバイル検索、モバイルゲームについて記載している。また投資額と市場バリューを広告ツール別に予測している。


◆調査レポート
日本と韓国のモバイルマーケティングと広告:ビジネス課題、広告手法、ケーススタディと予測 リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社