お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ナビゲーションシステムの交通情報

米国調査会社のABIリサーチから2007年12月に新刊レポートが刊行されます。

もし交通情報のデータが十分な品質で適時に提供されるならば、交通情報はナビゲーションとテレマティックスサービスにとって非常に大きな推進力である。従来、交通情報は品質が低く、適用範囲が狭かったために、ユーザの利用が進まず、市場潜在性も限定的であったが、この事情は変化しつつある。
米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「ナビゲーションシステムの交通情報:リアルタイム、履歴、予測の交通データのサービスとインフラ」は、拡大しつつある北米、欧州、アジアの道路交通情報市場における情報収集、集積、配信方法を調査し、市場の現状と進みつつある産業間の連携について概観している。交通情報収集のための埋込み型の道路センサ、セルラー、GPS感知器、音響式センサ、ビデオ、レーダ、マイクロウェーブ、RFIDと、これらの情報をリアルタイムに配信するためのセルラー、衛星、RDS-TMC、デジタル無線などの技術を調査している。交通情報集積の主要な役割や、交通情報の履歴や予測についても分析している。
主要な市場牽引要因を特定し、各地域の主要企業を査定している。北米、欧州、アジアの市場、ユーザ数とインフラ導入の市場規模を予測している。


◆調査レポート
ナビゲーションシステムの交通情報:リアルタイム、履歴、予測の交通データのサービスとインフラ リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社