お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

株式会社サイバーテックのXML-DBパッケージ 「NeoCoreXMS」が4年連続で国内市場トップシェアを獲得

XML-DBパッケージ市場は127.5%成長の予測。今後の市場拡大に弾み

株式会社サイバーテック(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:橋元賢次)は「UNIX-Windows対応ミドルウエアパッケージソフト市場展望2007年度版」による、2007年度のXML-DBパッケージ市場調査にて「NeoCoreXMS」の出荷金額(エンドユーザサイド売上)シェアが45.7%、出荷本数シェアは42.1%となり、4年連続で国内市場トップシェアを獲得しました。

プレスリリース
2007年12月4日
株式会社サイバーテック

 XML-DBパッケージ「Cyber Luxeon (サイバー・ラクセオン)」「NeoCoreXMS」を開発・販売する株式会社サイバーテック(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:橋元賢次、以下サイバーテック) は、12月4日、民間調査会社の株式会社ミック経済研究所(本社: 東京都港区、代表者:有賀 章)が実施している調査資料「UNIX-Windows対応ミドルウエアパッケージソフ ト市場展望2007年度版【開発・運用編】」の「XML-DBパッケージ」において、「NeoCoreXMS」が出荷金額・出荷本数ベースで4年連続のトップシェアを獲得した事を発表します。

「UNIX-Windows対応ミドルウエアパッケージソフト市場展望2007年度版」によると、2007年度のXML-DBパッケージ市場における「NeoCoreXMS」の出荷金額(エンドユーザサイド売上)シェアは、45.7%、出荷本数シェアは42.1%となり、4年連続で国内市場トップシェアを獲得しました。
「NeoCoreXMS」は、XMLデータをスキーマレスでそのまま格納できる柔軟性・拡張性の高い「速い・カンタン・やわらかい」XML-DBパッケージで、Xpriori社の特許技術DPP(Digital Pattern Processing)による高い検索性能を 有します。株式会社ミック経済研究所によると、国内のXML-DBパッケージ市場は、2008年度も前年比127.5%の伸びで成長すると予測されます。サイバーテックでは、XML-DBパッケージベンダとして、今後もこの分野に注力し、販売パートナー企業を通じて「NeoCoreXMS」を提供する事で、顧客業務の効率化や経営課題の解決に貢献していきます。

-----------------

※商品名称等に関する表示、記載している会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。

●関連URL
XML-DBパッケージ「NeoCoreXMS」
リンク


【株式会社サイバーテックについて】
サイバーテックは、「XML Everywhere」を事業コンセプトに掲げ、XMLデータをそのまま格納できるXML-DBパッケージの「Cyber Luxeon」「NeoCoreXMS」の2製品を開発・販売するXML分野のリーディングカンパニーです。2006年12月には日本語全文検索「ターボサーチ機能」を搭載した 「Cyber Luxeon Ver2.0」を出荷、2007年10月31日には、「NeoCoreXMS」の事業 を取得し、XML-DBパッケージ分野のトップベンダとなりました。
URL: リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社サイバーテック 
セールス&マーケティング部
広報担当:中村
メール:nakamura@cybertech.co.jp
電 話:03-5577-8000
F A X :03-5577-8002

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社